今期はコードギアス~反逆のルルーシュ~に気合い入れてます!! また、Fate/stay night[Realta Nua]を全力で応援しますw
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

36話で議長はキラが不幸だと話していました。

最強の戦士でありながら、それを導く存在に恵まれなかったと。強大な力をどのように使用するのか、正しく理解していればもっと大きな事を成しえたはずなのに。
更に、アスランやラクスがキラに出会ったことまで「不幸」と言っています。
人は自分の力と役割を認識し、それを全うする事が「幸せ」なのだと。

これはキラファンに喧嘩売ってるんですかね
キラに出会ったこと自体が不幸ってナンデスカ(怒)

デュランダルはキラもアスランもシンもすべてチェスの兵士(ポーン)としか見ていない。自分はチェスのキングであり、駒はその意思に従って動くのが当たり前と考えていたんですね。

キラを「戦士」としてしか見ておらず、「キラ・ヤマト」という個人の意思などどうでもいいと。必要なのは力のみですか。そうですか
なんか、こうしてみるとやっぱりクルーゼの関係者だなと感じます。
「知らんさ。所詮人は己の知る事しか知らぬ。」
「それが誰に分かる。何が分かる。分からぬさ、誰にも!」
と言った言葉を体現してるみたいです。デュランダルはクルーゼを撃った戦士としてのキラしか知らない。
今回のデュランダルの言葉は完全にキラ・ヤマト個人の個性を否定しています。

キラは本当に不幸なのでしょうか。そんな事あるわけありません。彼にはアークエンジェルの仲間やカガリやラクスなど影響を大きく与えた人が側にいます。
不殺と言う戦い方は、悩んだ末にキラが出した戦いに対する「回答」です。
そして、フリーダムを託されてからのキラの行動は紛れもなく彼自身が「選択」したものです。
種運命での行動は確かに多くの人に迷惑をかけている以上非難されて当然でしょう。
ですが、彼自身がそれを望み、自分の信念に従って行動する事自体は否定されるべきでない。やったことの責任ぐらいは取る覚悟は持ってるでしょう。
キラは決して自分が不幸だと思ってはいないはず。つらい出生の秘密を知っても、ラクスがいたとはいえきちんとそれと向き合い立ち直りました。
人が勝手にそいつは不幸だとか幸せだとか決める権利など、どこにもないはずです。

唯一無二の正義なんてこの世にあるわけがない。もしそういうことになっているのなら、そこは選択肢が閉ざされている場所でしょう。
結局デュランダルの目的ってジブリールと同じなんですかね。自分達の住みよい庭を造りたいと。そのためには人は自分に管理される必要がある。

私は幸福は自分で掴み取るものだと信じたい。何が幸福かは自分が決める事だと思うから。

最後に一言
ざけんな!デュランダル〔怒〕

1回押していってくださいませんか。人気blogランキングへ
スポンサーサイト

fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

コメント
この記事へのコメント
まあ、幸、不幸ってのはその人間によりますからねぇ。
キラに聞かないと分かりませんわな。
議長は自分の価値観に基づいて話しているだけなので、いくらでも反論はできますね。
ただ議長の価値観としては、あの状態は不幸だという事ですよ。
そして、「役割を与えられないという事が不幸である」と感じている議長には、昔そういった経験があるのかも知れません。
それからアスランに、「駒として生きなければ幸せになれないよ」とキラを例えにして言ってるんでしょう。
「自分で考えても上手くいかないから」と。
実際それはアスランにピッタリだと言えるんですけどね(笑)
アスランって、自分の考えに基づいて行動しているというより、その時々信頼している人間に協力しているだけに見えますから。

キラも案外、「あの頃は不幸だったなぁ」とか思ってたりして(笑)
実際前作の前半は悲惨でしたからねぇ。
戦闘を強要され、親友と殺し合い、友人には疎外され、好きなあの子にゃ心のないセックスを強要され(笑)
あの時のキラが自分を不幸だと思っててもおかしくないです。
その救いがラクスで、だからこそキラはラクスを大切にしている様に思えますし。

ま、どのみち人の幸、不幸を他人がどうこう言うのは無理がありますな。
どんな状況でも本人が幸せだと思ってれば幸せですから。

それから議長は、「自分の駒になってくれれば良かったのに」と惜しんでるのかも知れません。
最初からザフトに居てくれれば戦力になったから、キラが地球軍に行ったのが勿体無い、といった感じで。
確かにあの戦力が手に入れば最強でしょうからねぇ。
シンなんかいらないわな(笑)
2005/06/27(月) 09:29 | URL | シバッチ #tvwK72QI[ 編集]
>シバッチさん
キラファンとしてみて、あの議長の言葉にはマジで腹が立ったので書きなぐっただけです。読んでくださってありがとうございます。

価値観は人それぞれだと思いますが、あの決め付けのような言い方は気に入りませんでした。議長は明らかにキラとラクスを嫌ってますからね。アスランのように自分の手駒として引き入れようともしてません。
何であそこまで嫌うのかなぁと不思議に思います。自分の理想の邪魔をするのが明白だったからか、はたまた嫉妬心も混じっているのか。

>ま、どのみち人の幸、不幸を他人がどうこう言うのは無理がありますな。
どんな状況でも本人が幸せだと思ってれば幸せですから。
まったくその通りですね。人の幸せを勝手に決め付けないでほしいです。


ザフトに初めから入っていたら・・・意外と能力を発揮できなかったりして。幼年学校時代ではアスランより明らかに下だったし。やる気が無い事には徹底して手を抜くのがキラですから。心も強いほうじゃなかったはず。
というか、プラントにいたら戦争自体に積極的に関わろうとしなかったと思います。
2005/06/27(月) 18:48 | URL | クライスト #-[ 編集]
生きてきた過程は関係ないとでも言いたいのか、議長!
こんばんわ。コメントさせていただきます!
確かに議長のキラに関する語りはキラファンとしては”ヲイ”でした(笑)。
デュランダルって人を遺伝子でしか見てないのかもしれませんね。既に生まれたときに能力は決まっていてその決められたことから道を外れれば”不幸”と決め付けているのかもしれません。生きてきた環境で変化したり人の持つ無限の可能性、言ってみればナチュラル・コーディネーターに関係なく覚醒する種ワレ現象などの潜在的な能力は否定してというかもって生まれたもの以外の成長などあり得ないこと、と思っているような気がしてなりません。生まれですべて決まる、と思っているのか?と思わせます(極論ですが遺伝子研究の第一人者とか肩書きもあるので、議長にはそんな持論があるのかもとか思ってみたり)
確かに議長の異常なキラ・ラクスへの対抗心というか嫌いっぷりは何が根拠かいまいち分かりませんが、自分のもって生まれたものが能力的に劣っているとか僻んでるんかも、と思ったりしています。
生まれよりも育ち、キラのあの今の性格も私としては本当にヤマト夫妻の育て方が愛情一杯で素晴らしく”普通”だったのだと思います。だから戦争なんてものは非日常の出来事だった、でも巻き込まれて彼はそれを泣きながらもがきながら考えて考えて自分なりの選択してきたんですよね。それを不幸とは勝手に解釈して欲しくない、と思いますがあそこまで言わしめる議長、過去に何があったのか。彼もまた自分を”不幸”と思っているのかもしれないなあと思う次第です。
長々すいません、気になる記事でしたのでコメントをさせていただきました、また伺いますね~。
2005/06/28(火) 00:27 | URL | ぴかり #-[ 編集]
>ぴかりさん
いつもありがとうございます

>デュランダルって人を遺伝子でしか見てないのかもしれませんね
そうかもしれません。遺伝子レベルで役割を判断してそれを与えようとしてるのかもしれませんね。

キラだけに限りませんが、やっぱり前大戦を経験している人はそれなりにもがき苦しんで成長してると思います。人は大きくなるのも小さくなるのも経験こそが大切でしょう。能力を100%発揮する人なんて珍しいはずです。自分の限界なんて早々分かりませんから。

議長が何を考えていようとも、他人の幸せを決め付けて欲しくない。それだけは確かにいえることです。

2005/06/29(水) 00:26 | URL | クライスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。