今期はコードギアス~反逆のルルーシュ~に気合い入れてます!! また、Fate/stay night[Realta Nua]を全力で応援しますw
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

スター・ウォーズエピソード3シスの復讐
マシュー・ストーヴァー
4789725642


最近スターウォーズ エピソードⅢ シスの復讐の小説版が出てたので読みました。呼んでて思ったのですが、いろんな所で言われているように、スターウォーズに例えてみるとやはりシンはアナキン・スカイウォーカーにそっくりなところがありますね。

まっすぐで純真だけどどこか甘ったれた所があるシンとアナキン。彼らは自分自身では解決しきれない問題に陥った時、過剰に他者に救いを求める傾向があるように見えます。

その救いとなるのがパルパティーンとデュランダル。どちらも彼らの望むものを与えてくれて、彼らの思いや行動を認めてくれる。
まあ、どちらも本当は利用しているだけなんですが。使える道具なら手元においておくほうがいいですからね。甘やかすだけでは絶対に人としての成長はありえませんから。


fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪


アナキンはパルパティーンを信用し、ジェダイに不信感を増大させていく。そして最愛の妻、パドメかジェダイかという2択を突きつけられたとき彼は自らの欲望のためにすべてを捨てた。まあ、愛する妻か不信感を抱いてる上官かと聞かれて妻を選ぶのは決して理解できないわけじゃない。
でも自分の行動が起こす影響をまったく考えなかったため、最終的にアナキンはヴェイダーに落ちてしまった。

シンもデュランダルに過度に依存して、考える事をやめた状態です。自分の行動がなにを引き起こすのか、考える事を止められている。
議長は正義→それにはむかう敵は悪→それを撃つ自分は正義
なんて三段論法が簡単にまかり通ってしまうのがまっすぐなやつの怖い所です。どちらにしろ、迷う事をやめた人は強さと共に何かを捨てた人だと思います。
それにも増して気に食わないのが、ルナマリアへの態度です。いかに命令とはいえ、自分がメイリンを撃ったのは事実。それを棚に上げて、「俺が守るから」とは何事か。メイリンを撃たれた事を簡単に割り切ったら、ルナマリアの好感度は間違いなくダウンです。

アナキンとシンの決定的違いは愛するものの存在です。
ダース・ヴェイダーには愛する妻があった。後に双子の子供まで出来た。しかし、シンにはそれに値する人がいない。家族は死んだ。ステラは守れなかった上に、恋愛感情まであったとは思いがたい。

シンは戦う理由=守るべきもの、を探しているだけのような気がします。自分が戦う正当な理由が欲しいんじゃないですか。今まで疎遠といってもよかったルナマリアに急に俺が守るは無いでしょう。それともルナマリアはメイリンを撃ったシンじゃなくて、連れ出した(と思っている)アスランを恨むのかな。
ステラに対してもそんなところが見えるような気がします。かよわい戦争被害者(と思い込む)が不安がってる所を見て、「俺はこういう子を守りたかったんだ」と思った。だから、虐殺されている一般民衆よりもステラを優先したんでしょう。ステラは自分が戦う理由だから。

ただ、ダース・ヴェイダーは家族の助けの声を聞いて改心しました。
ではシンは・・・どこまでも落ちていく気がします。今の所シンを助けてくれる人はいませんから。
あー、なんか書いてて分け分からなくなってきた。とりあえずはアナキンには助けられる可能性があったが、シンには今の所それは無い。結局落ちる所まで落ちていくのかな。主人公なのに。それはそれで面白いかも。改心しない主人公・・・興味深いな
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
どうもです~~。
って、うわっ、ネタバレだ(笑)
ちょっとご勘弁を・・・

>考える事をやめた状態です
まあ、基本的に一兵士が色々考えてもしょうがないんですよね。
兵士ってのは、命令されたことを忠実に実行するのが仕事ですから。
そういう意味ではシンはちゃんとした軍人です(軍規違反はするけど)
逆にアスランは最悪ですな。
脱走しますからねぇ。それも二度も。
こんなヤツは信用できませんよ(笑)

>ステラに対してもそんなところが見えるような気がします
私も同じ事をずっと思ってました。
二人の関係を恋愛に見ている人がいますが、私はシンはステラを哀れみ、自分が昔守れなかった家族の代わりにしているだけで、ステラの方は「優しくしてくれる人間」として懐いていただけの様に思えるんですよね。
まあ、シンの場合は年頃ですから、可愛い女の子だという理由で惚れていた可能性はありますけど、そういった描写が無いので違うのでしょう。
っていうか、それくらい描いて欲しいと思ってみたり。

>メイリンを撃たれた事を簡単に割り切ったら、ルナマリアの好感度は間違いなくダウンです
ネタバレでショックだったです(笑)
ルナマリアは多分アスランを憎むんじゃないですかねぇ。
妹を撃ったどうこうじゃなく、「自分より妹を選んだ」という事で。
女性の恨みってのは大抵こういうのですよ。
って、そういったドロドロした人間関係をこの作品が描くかどうか分かりませんが、普通ならそういう展開じゃないかと。
で、アスランを倒すためにシンに肉体を与える・・・
といったのがフレイさまでしたな(笑)
パターンが好きな作品なんで、そんな風になる可能性も無きにしも非ずではないかと。
2005/06/23(木) 09:45 | URL | シバッチ #tvwK72QI[ 編集]
>シバッチさん
コメントありがとうございます

確かに兵士としてのアスランは失格でしょうね。だからといって人間として出来てるかというとそうではないですが・・・
シンの場合自分の望みとデュランダルの望みがたまたま一致してたから、軍人として間違ってない行動と言えるのではないかと。確かにアスランよりは軍人やってるようにみえますけど、望みと一致しなければ平気で違う行動をとると思います。ステラの時がそうでしたし。
フリーダムの時もたまたまでしょうね。

>妹を撃ったどうこうじゃなく、「自分より妹を選んだ」という事で。
ああ、そういう考えもありますね。気付きませんでした。確かにありえそうです。ただ、いきなりシンルナは勘弁して欲しいかなと。今までそんな描写ありませんでしたから

2005/06/23(木) 19:30 | URL | クライスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。