今期はコードギアス~反逆のルルーシュ~に気合い入れてます!! また、Fate/stay night[Realta Nua]を全力で応援しますw
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

随分更新が送れてしまいましたが、感想行きます。

遅れちゃったので、気になったところだけ簡単に書いていこうと思います。

まず今回一番驚いたのは・・・

ロイドさん、伯爵だったのぉ~!

でしたw
仕事と遊びの区別がついていない放蕩息子とのことですが、全然違和感ないですw でもランスロットを開発できたように実力があるのは確か。遊びがいつの間にか仕事になっていたのか、仕事が遊びとなっていったのかは分りませんが、とにかく凄い人です。
あとセシルさんとはかなり古いつきあいなんでしょうか。お互いある程度深いところまで知っていそうですし、なかなか面白い関係だと思います。彼らに囲まれていては、スザクの影が薄くなるのも仕方ないかw


コードギアス 反逆のルルーシュ 2
コードギアス 反逆のルルーシュ 2
谷口悟朗 福山潤 櫻井孝宏

関連商品
コードギアス 反逆のルルーシュ 1
コードギアス 反逆のルルーシュ 3
コードギアス 反逆のルルーシュ volume04
コードギアス反逆のルルーシュ5
舞-乙HiME Zwei スペシャルパッケージ 2
by G-Tools


fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

■ギアス


マオは今から11年前にギアスを与えられた能力者。
能力は心の声を聞くこと。
範囲は集中次第で500メートルにも及ぶ。
ルルーシュのギアスと違って、制限や制約は一切無し。このため、思考力を武器とするルルーシュにとっては最悪の相手でもある。

ただし、力をオフに出来ないため嫌でも人の心の声が聞こえてきてしまう。このため、C.C.以外側に寄せることが出来なくなった。

また、ギアスは力を使えば使うほどその力を増していき、契約者がそれに耐えきれなくなった場合、廃人になってしまう可能性もある。
C.C.はマオにもルルーシュにもそれを伝えないで契約した。

C.C.にはギアスが効かない。マオは心の声を聞くことが出来ないし、ルルーシュは命令を効かせることが出来ない。


マオは6歳の時に心の声が聞こえるギアスを手に入れてしまった。マオの意志とは関係なく聞こえてくる声に苦しんでいたが、唯一C.C.の声だけは聞こえなかったため、しばらく2人で過ごしていたらしい。
彼にとってC.C.は恋人であり、母親であり、そして他人だった・・・



マオの力ですが、私から考えたらデメリットの方が多いですね。やはり小さい子供の頃にあんなものを聞き続け、それを防ぐ方法がないのならば、狂ってしまっても無理はないです。
心が読めるために誘導するのはたやすいし、隠し事はまず出来ない。
今回も武器を仕入れるのに、心を読んであっさりと仕入れてます。
利点も大きいですが・・・デメリットが日常生活が出来ないくらい大きい以上欠陥のある力と言わざるを得ません。

ところでC.C.はどうやってマオを捨てたんでしょうね。今回の放送を見る限りでは決別の言葉は言ってあるみたいですが・・・

■生徒会

ミレイはルルーシュが皇子だって事やはり知っていましたね。それとももっと早く言及されていたかな?
ミレイ姉さんは生徒会の中では暴走しやすいけど非常に頼りがいがある存在。ルルも頼み事とかしやすいんでしょうね。

しかしミレイはミレイで問題抱えてるんですねぇ。いつかのお見合い問題が現実化しそうです。政略結婚であり、意味は分っているとは言え・・・なかなか納得できるものではないはず。あまりそう言ったことに経験がないのでどうしたらいいのかちょっと分りませんね。
ところで、お見合いの相手が今回伯爵位だと言うことが判明したロイドさんではないかと思っちゃったりもしましたがどうなんでしょうねw

シャーリーが生徒会に復帰。どうやら消されたのはルルーシュの記憶だけのようですね。彼女が笑顔を取り戻してくれたのはいいことですが・・・ルルとはまた一からやり直しと言うことになりますね。結局登場回数は減りそうですね・・・まあリヴァルとかも出てきてないしw


■扇とヴィレッタ

ブリタニア軍人であるヴィレッタをあえて助けた扇。ゼロに疑問を持ってきているから正体を知りたくなってきているようです。しかし、彼をリーダーに推薦したのはもともと扇。最初使えそうだから推薦したけど、あとでやっぱりなんか危ないと思って別の道を探すって言うのはどうなの?とも思います。

ヴィレッタは一命は取り留めたものの撃たれたショックで一時的に記憶喪失状態。はっきり言ってこのベッドシーンでファンは1万人は増えたのではないか!
完全に別人です。この間狂気の笑いを上げていた彼女は何処に行った?
ヴィレッタはオレンジくんとは別の道を歩みそうですね・・・
彼女の記憶が戻ったときの対応が見物です。

■ルル対マオ

C.C.を電話で遊園地に誘い出したマオは、完全に逝っちゃった目でチェーンソーでC.C.を解体しようとする。いや、確かに撃たれたぐらいじゃ死なないけどさ・・・さすがにそれはまずいんじゃない?

ここでマオはC.C.のことを「物」としか見ていないんじゃないか?と思いましたが、もう狂いだしている彼にとって人間の命を大切にすると言う意識自体がないんでしょう。シャーリーの時も2人まとめて撃とうとしていたし。
もともと人から離れて暮らしていたんですからねぇ。「命が大切」とか「人を殺してはいけない」とか、そういったことを教えられなければ他の人でも案外簡単にやってしまえるんではないでしょうか。

ここで気になったのがC.C.の行動。なんでマオを撃てなかったのか。
C.C.もマオに対して負目があるからでしょうかね。申し訳ない気持ちがあるから非常に徹することが出来なかった。ルルにもそうですが、表面的には冷淡ですが、実際かなり情があつい女なのかもしれません。

ルルは東京タワーで録画した映像を使ってマオをかく乱。会話の内容まで予想していたとはちょっとやりすぎではないかなw
まあ途中黙りの所があったように、言われてみればそうかな?って思えるところはありました。見直さないと分らないけどね。

でも言い方がかなり誤解を生じさせるような言い方でした。相変わらず挑発が上手いですねぇ。

こうやって目の前にマオを引きつけておいて、実際にはギアスをかけた警察を動かしてマオを包囲。徹底的にマオを罵倒した後、ゼロの正体を暴露しかけたマオをギアスを受けた警察官が銃撃してマオを射殺。
こうして事件の幕はおりました。

■契約

今回感じたのはルルーシュとC.C.の関係は変化していることですね。その象徴的な出来事が最後のルルーシュからC.C.への契約でしょう。
ルルーシュにとってギアスとC.C.はナナリーのためにブリタニアをぶっ壊すという目的を果たすための道具でしかなかった。
それが、いつの間にか助け助けられ、内面を覗いていくうちに、C.C.の目的も果たしていこうという意識がルルーシュの中に生まれています。
C.C.も11話で名前を知られてからは以前よりルルに対して感情的になっているように思えます。

C.C.「ルルーシュ、慰めか、哀れみか、それとも執着か?」
と問われたときに、

ルル「契約だ。今度は・・・俺から、お前への」

C.C.「いいだろう。結ぼう、その契約」

そういって手をさしのべたC.C.と手を握るルル。
彼らの契約は今ここに結ばれたと言っても言い過ぎではないでしょう。

ここでエンディングに入りましたが、相変わらずいい場面で終わります。今回の終わりとエンディングが雰囲気的にぴったりだったんで、先週とは違う感じで震えが来ましたよ。いい仕事してます。

■番外

ルルは一体いつ東京タワーの前であの録画をとったんだろう? 駒をそろえるために準備はしていたんでしょうが、そんな時間あったんでしょうか。

純血派は4話以降凋落が続いていますが、ついにヴィレッタまで記憶喪失ということになってしまいました。ということで考えていたんですが・・・最近オレンジを見ていないw どこにいったんだ、オレンジィ!

今回のナナリーとの会話でルルは小さい頃シュナイゼルともチェスをやっていたことが判明。明言されていませんが、チェスで間違いないでしょう。シュナイゼルにはあまり勝てなかった?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
バラバラにしてって…
これは深夜でないと無理だと再確認しました。これを土6でやったら苦情がかなり来ていたと思います。バラバラ殺人事件って現実にもありますから…

ロイド伯爵、語呂はいい感じです♪しかしジェレミア(オレンジに非ず)の辺境伯よりも一つ下です。ただの一科学者がシュナイゼルと繋がりが深いというのも考えづらかったですけど、納得♪かといって、公に知らされていなかったユフィのことを知っていたのは謎です…。
ミレイの見合い相手ですけど、台詞までは覚えていなかったのでシュナイゼルという考えでしたが、ロイドなんですね?爵位で符合するのはロイドだけです。でもこの男が見合いするとは到底思えません!見合いする暇があったらランスロットいじることを平然と選ぶでしょう♪それに身分に関係なく接してるセシルさんがいますから(笑

トウキョータワーの録画ですけど、カレンのゼロバレ封じの時と状況はそう変わらないと思います。むしろマオはC.C.に関しては思考が単純化するので会話の内容の予想は可能だと思います。カレンの時もあらかじめ録音しておいたボイスレコーダを使って乗り切ってましたから。

マオは11年間も心の声が聞こえるギアスと付き合ってきたわけですから、ただ一人心の声が聞こえないC.C.に依存する気持ちは分からないとはいえないです。でもばらすのはどうかと…。傷の再生は可能でも体の部位を再構成する真似はいくらC.C.でも不可能でしょう。できたら怖いです!

扇とヴィレッタが蝶いい展開に♪ヴィレッタは記憶が戻っても今のしおらしいままでいて欲しいです!しかし拾われたのが扇でマジで良かったと思います。玉城だったら…(汗)。この二人はこれからいい関係を築いていくでしょう♪自分もクライストさん同様、記憶が戻った時の対応が気になります。
2007/01/31(水) 11:01 | URL | ウエスト #a8N0vP3U[ 編集]
スザク
 今回でスザクのバックグラウンドが多少判明してきましたね。
 さまざまな描写から、父殺しを行ない、それゆえに、極端な言動を行うようになったと推測できますね。

 マオの登場ですが、俺はちょっと登場が早すぎたと思いましたね。まだなかばでC・Cがデラれると、ギアスという超状的な力を得ていても頭が上がらない相手がいるということによる緊張感がなくなってしまいましたから。
 あと、C・Cがルルーシュに厳しいのは自身と似ているが故と思いました。
2007/01/31(水) 21:57 | URL | 龍崎海 #7bBJltH2[ 編集]
再び山場へ・・・w
今回は、山場も人段落して、次の山場への伏線の確認と、気付いてない人向けに再提示てとこでしたね^^
それゆえなかなかに重要な回でもありましたw

ある程度今後の予想材料が出揃ってきましたが、それをも超える面白さを期待できる作品なので楽しみです♪
2007/02/01(木) 01:33 | URL | 双翼 #Wjzbkqqg[ 編集]
私もそこに驚いた
伯爵だったのですねぇ、でもミレイさんの見合い相手というのは、ちょっとありえない気が……。
それにミレイさんってルルに気があるんじゃないのかな?
なんか見合い話をどうすればいいかを聞いた時の彼女はルルに助けてほしそうでした。
東京タワーの録画映像ですが、背後は合成でも可能ですし、喋っている内容からすると
2、3分あれば作れるかと。
指摘していた通り一部妙に黙っているシーンがあったのでそれが録画だと暗に語っていましたね。
ヴィレッタは起きた瞬間の声で記憶喪失だと思った。
ベタな展開ですが、これからが気になります。
あっ、あとマオって多分死んでないですよね?
次回予告の最後に二の腕が出たような?
2007/02/02(金) 08:57 | URL | ゼエル #z7XDr28E[ 編集]
>ウエストさん
コメント返しが遅れて申し訳ありません。

>これは深夜でないと無理だと再確認しました。これを土6でやったら苦情がかなり来ていたと思います。バラバラ殺人事件って現実にもありますから

バラバラ殺人とかは昼間にやると苦情が来ますね(苦笑) ニーナ暴走の件も含めて深夜帯だからやったことだと思ってます

>ロイド伯爵、語呂はいい感じです♪しかしジェレミア(オレンジに非ず)の辺境伯よりも一つ下です

ロイドが伯爵だったって言うのはマジで驚きですw ジェレミアより下っていうのは・・・おそらく出世とかにまったく興味がなかったせいでしょう。癖があるものの実力的には明らかに上ですから。

>ミレイの見合い相手ですけど、台詞までは覚えていなかったのでシュナイゼルという考えでしたが、ロイドなんですね

いやいや単なる憶測です。でもさすがに伝えられているアッシュフォード家の現状ではシュナイゼルとお見合いはさすがに無理じゃないでしょうかw 
まあロイドとお見合いしてどうなるんだって話もありますが、ロイドの場合家柄はいいみたいだし、結構上のほうとの繋がりもありそうですし、個人的にあったら面白いな~って思いましたw

>見合いする暇があったらランスロットいじることを平然と選ぶでしょう♪
でしょうね。なんでさ? ってな感じであっさり断るでしょう。
セシルさんに思いっきりからかわれるのが目に見えてますしw

>マオは11年間も心の声が聞こえるギアスと付き合ってきたわけですから、ただ一人心の声が聞こえないC.C.に依存する気持ちは分からないとはいえないです。でもばらすのはどうかと…。

う~ん、人の中で生活している時間が短く、一般教養などは教えられていないと考えていますので、そこら辺の常識がないのでしょう。
ただ単に狂っているという考えもありますが・・・

>扇とヴィレッタが蝶いい展開に♪

ある意味べたというか・・・記憶喪失とは・・・でも一時的なものでしょうから、そう遠くないうちに記憶は戻るでしょう。戻った後に扇に対してどういう風に接するかが面白そうですねw

2007/02/02(金) 17:03 | URL | クライスト #-[ 編集]
>龍崎海さん
コメントありがとうございます!

> さまざまな描写から、父殺しを行ない、それゆえに、極端な言動を行うようになったと推測できますね

父殺しの線がかなり濃厚になってきちゃいましたね・・・
ゲンブさんは徹底抗戦を唱えておきながら真っ先に自決したらしいですが、スザクのあの混乱っぷりを見ていると、どうしても「殺ったか!」と思ってしまいます。
あとそろそろゼロの正体に気がついてもいいような気がしますが・・・

>ギアスという超状的な力を得ていても頭が上がらない相手がいるということによる緊張感がなくなってしまいましたから。

ルルとC.C.の関係はここにきて「本当」の協力体制になってきたようです。5話のように一方的に言いくるめられるという展開はなさそうですね。でも、C.C.はルルが情けない行動をとった場合容赦なくいいそうですので、さほど心配することもないかと。
両者が似ているとの指摘ですが、なるほどと思ってしまいましたw 
2007/02/02(金) 17:11 | URL | クライスト #-[ 編集]
>双翼さん
コメントどうもですw

>伏線
多すぎて分かりませんw
でも主役とヒロイン?の関係には一定の区切りがついたと思います。

>ある程度今後の予想材料が出揃ってきましたが、それをも超える面白さを期待できる作品なので楽しみです♪

あえて予測はしない方向で見ています。まあこうなったらいいな~って言うのはありますが。ランスロットが飛ぶのならば、紅蓮も飛べよ! 
みたいなかんじでw

期待以上に面白いのはずっと続いているので、今後にも期待して大丈夫なアニメです。こんなのめずらしいですよねw
2007/02/02(金) 17:15 | URL | クライスト #-[ 編集]
>ゼエルさん
コメントありがとうございます~

>ミレイさんの見合い相手というのは、ちょっとありえない気が……。
それにミレイさんってルルに気があるんじゃないのかな?

さすがにロイドって言う線はないですかねw 一応今回判明したキャラということで出してみましたが・・・

ルルに気があるっていうのは・・・どうなんでしょうねぇ。助けてほしいというより悩みを打ちあけたかったっていう感じのほうが強いと思ってました。

>東京タワーの録画映像ですが、背後は合成でも可能ですし、喋っている内容からすると
2、3分あれば作れるかと

なるほど、合成ですか。まったく考えていませんでしたw マオの思考を考えるのなんて簡単ですから、確かにそれくらいの時間で作れますね。

>あっ、あとマオって多分死んでないですよね?
次回予告の最後に二の腕が出たような?

死んでませんね。メルマガで生存していて復習の為にナナリーをさらうとありました。あの状況でどうやって生き残ったのかが不思議で仕方ありませんが、とりあえず、今週の放送を見て確かめようと思います。
2007/02/02(金) 17:20 | URL | クライスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。