今期はコードギアス~反逆のルルーシュ~に気合い入れてます!! また、Fate/stay night[Realta Nua]を全力で応援しますw
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

さよならシャーリー・・・(T-T)

とりあえず死ななかったのは嬉しいですし、ギアスを使って記憶を消去するというのも予想内でしたが、そのシチュエーションが悲惨です。
初登場の時から彼女のことが好きだったため、その転落劇が悲しすぎます。

そして・・・マオ許すまじ (▼、▼メ)メラメラ

心を読むギアス能力者でC.C.に異常な関心を示していますが、どう見ても心が歪んでます。これからC.C.に拒否されてトチ狂っていくのが予想できますが、一回ぶん殴ってやりたいですね。
私のヒロインであるシャーリーをもてあそんだ罪は重い!

コードギアス 反逆のルルーシュ 2
コードギアス 反逆のルルーシュ 2
谷口悟朗 福山潤 櫻井孝宏

関連商品
コードギアス 反逆のルルーシュ 1
コードギアス 反逆のルルーシュ 3
コードギアス 反逆のルルーシュ volume04
コードギアス反逆のルルーシュ5
機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション完結編 自由の代償
by G-Tools


fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

■先週の続き

紅蓮弐式とランスロットの戦闘は、またもMVSを輻射波動で潰したものの、紅蓮弐式が撤退したため勝負はつかず。
最初期待したためちょっと残念でした。

ブリタニア軍では、ゼロの狙いがコーネリアにあると予測し始めます。ユフィは完全に答えを知ってるんですが、ここで発言しないのがあとで尾を引かないといいですね。
ユフィの護衛として騎士をおくことを提案するギルフォード。ユフィは副総督なのだから、その権限はある。自分専用の騎士をおけば、それを中心として護衛部隊を構築できるそうです。恐らくコーネリアがそうしていったんでしょうね。補佐役として自分の師であるダールトンを起用し、自らの騎士としてギルフォードを選択したのでしょう。そしてこの2人を中心として組織を構築していったんでしょう。

ユフィが選ぶ騎士はスザクで決定ですね。結果が見えていて面白くも何ともないですが。イレヴンの起用で反対意見が出まくるでしょうがそこをどう乗り越えていくかが見物ですか。ニーナが絡むと面白いかもw
無理か・・・

■ゼロの目撃者

シャーリーだけかと思ってましたが、後をつけてたヴィレッタを完全に忘れてましたw
そのヴィレッタはルルを見て、コーネリアに差し出すとか言ってましたが、なんとシャーリーがヴィレッタを銃撃!
シャーリーはルルーシュ=ゼロだという事実と、人を殺してしまった(まだ生きてるけど)ことに衝撃を受けてナリタに赴いて死のうと考えてしまいました。

でもシャーリーがヴィレッタを撃っていたとはね。まあ予測しようと思えば出来ましたが、シャーリーがやるなんて・・・どこまでこのアニメはシャーリーに厳しいんだ・・・

■マオ

心を読むギアス能力者にして、全国のシャーリーファンを敵に回した男。ルル、なんとしてもこいつを葬るんだ!

C.C.の何とも言えない表情と、C.C.に異常にこだわる様子から見て、何か色々とあったことは確実ですね。以前、C.C.が「もう失敗するわけにはいかない」とか言っていたことがありましたが、それは以前マオにギアスを授けて自分の望みを果たそうとしたが、それに失敗したためルルーシュにかけているような感じでいいんですかね。

心を読めるため、心理的に誘導することに長けるマオ。あのバイザーはギアスを発動していることを悟られないためか、もしくはルルーシュのギアス対策か。それとも単なるファッションか。
ルルのギアス対策って線もありますが、それだと一体いつルルのことを知ったかが問題になりますねぇ。


■シャーリー

父親を亡くした。人を撃ってしまった。好きな人も撃ってしまった。
もうどうしていいか分らなくなった彼女を、ルルーシュは本当は殺すべきだったんでしょう。彼がゼロであり、修羅になることを決めたのならば。
でもルルーシュは嫌なことをギアスの力で忘れさせるという手段を執った。これによりシャーリーはルルーシュや今回の一件を忘れてしまった。ルルの最後の言葉から考えて、恐らく生徒会の連中のことも忘れさせたのでしょう。

ルルーシュがシャーリーを殺さなかったのは彼の甘さであり、身内に甘いという弱点をモロにさらけ出したとも言えます。
しかし、記憶をなくさせたことで、結果としてルルーシュはシャーリーという大事な人を失いました。
自分がギアスを使って好き勝手やってきた結果招いた事とはいえ、シャーリーを巻き込み失ったことはルルーシュに大きな傷を残したことでしょう。それだけでなく、生徒会の連中がシャーリーのことを気にかける度に、その傷は血を流し続けるのでしょう。

ルルーシュは今回の一件で、
・失ってから始めて気づくことがある。しかし気づいたときにはもう遅い
・行動することによって生まれる結果によっては自らの大事なものを壊す可能性だってある

ことを強く認識したと思います。この一件は間違いなくルルーシュにとって区切りとなる出来事でした。このことから、マオへの仕返しはさておきどう変わっていくのか、そこを注目してみていきたいと思います。

なお、最後のシャーリーとルルーシュの会話の際に流れた曲は「マスカレード」。サントラに入ってますので、即買って聞くべし。
挿入歌となっていたのでどんな場面で流れるのかと思っていましたが、まさかここだったとは・・・正直涙が出そうになってしまいました。


シャーリーの突如退場に悲しくて泣きそうになったお話でした
今後再登場はあるかもしれませんが、一体どういう役回りで出てくるのかがまったく読めません。もしかしたらルルーシュの区切りの出来事用のキャラとして使い捨てられたどうしましょ・・

■次週 喝采のマオ

来週から本格的にルルーシュ対マオが始まるようです。
マオはルルーシュがゼロだと言うことを知っている以上、絶対消さねばならない敵にして、シャーリーファンの怨敵であるため、滅殺を望んでやみません。ただ、ルルは黒の騎士団も統率していかねばならない立場。そこら辺をどうするのかが見物です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
マオ
 俺はマオは今の所あまり嫌いではありません。
 なぜなら、C・Cのセリフと最後のヘッドホンからの音声から、C・Cの願いをかなえる為だけに育てられた人のように思えたからです。
 ゆえにルルーシュと異なり無理やり心を読む力を得てしまったがゆえ、あのような子供のような精神のままと思えるのです。

 ルルのギアス対策>ギアス対策を行うということはギアス能力者でも他人のギアスは防げないということですね。これによりオレンジの活躍が期待できそうです。
 それとC・Cがどうしてあそこにいると知っていたのか気になります。読心の力で人と合わないようにしていたみたいなので。それとも、常にC・Cを探していたのでしょうかね?
 で、ギアス対策は少し前から出ていたので、学園に潜んでいる時に読心で流れ込んだのだと思ってます。
2007/01/21(日) 07:01 | URL | 龍崎海 #7bBJltH2[ 編集]
出会いと別れ
今回の話、こんな印象を受けました。ルル視点で出会いは同じギアス使いのマオ、別れは自分を純粋に気にかけてくれて愛してくれたシャーリー、という感じです。

>マオ
クライストさんには悪いですが、好きです♪人の弱みに付け込み貶める手際が良すぎて…。でもそれは悲しいことですけどね。C.C.への執着は凄いです。C.C.が自ら離れたにしろクロヴィス達に囚われたにしろ、マオにとっての心の拠り所を失ったことになります。そしてマオではなくルルを選んだことは彼にどれほどの憎悪を与えたのか…。どちらにしろ危険な存在には変わらないです。それにしてもマオのギアスはルルのような制約がないように思えます。あくまで予想ですけどC.C.が人混みの前に出てきたマオに驚いていたことから彼のギアスは常時発動するタイプで「視界に入った人間の心が読み取れてしまう」ものだと思います。能力的にはかなり便利ですけどその分制御が利かない気がしました。制約が厳しい分、ルルの「絶対遵守」の方が精神の負担は軽そうです。だってマオのギアスは(あくまで予想)聞きたくもない人間の心の声を聴き続けることになります。人間不信に陥り、精神不安定になってもおかしくなさそうです。

>シャーリー
悲しい終わり方です…。問題はルルがどこまでギアスで命令を下したかということです。絶対遵守の力で忘れるように仕向けたとしてもシャーリー自身の中で綻びは出来ると思います。今までルルが「忘れろ」といった命令を下したのは時間にして大したことのないものばかり。「忘れる」ということははずみで「忘れたことを思い出す」可能性もあるわけです。それがシャーリーにとって幸せとは言い切れないですけど…。自分の意志で記憶を完全に消すなんてことは出来ないですからね。今期はこれで終わりだとしても2期で彼女の出番はあると思います♪これで終わりなんてことはないでしょう。

>ルルーシュ
どうも彼は異性を愛すること、愛されることに関して頭が回らないような気がします。ナナリーは家族愛、スザクは友愛、カレンは同じ痛みを知る同士ですから異性を愛することとは違います。失って気付いたシャーリーのルルへの想いの強さ。だからこその「今まで…ありがとう」だと思います。ここでシャーリーは切りましたが、いつかまた巡り会った時とか目の前で命の危機に曝されたら迷うでしょうね、きっと。そこもルルの魅力の一つですけど♪今後に期待してます、勝手に(笑

今回、真面目に書きすぎたかも?最後にギャグっぽいものを。セシルさんの今回の料理、見た目はまともでした。でも料理の内容は「ステーキを牛乳ソースで和えたもの」です!おにぎりのような日本料理だけかと思ったら…。彼女の舌はどこか間違ってます。そしてそれに対して平気なロイドも♪
2007/01/21(日) 11:43 | URL | ウエスト #a8N0vP3U[ 編集]
うーん。以前と比べて好きキャラがはっきりしたのでしょうか(ルルとシャーリー
ちょっと考えが偏り始めてしまったのかなという印象を感想からうけました。
スザクとかマオとか嫌いなキャラについては最初に注意書きとかしておいてくれると助かります。
ここまで言わなくても…とショックを受けてる知人を見るのはやっぱり嫌なので。
脇キャラって損な役回りが多いから可哀相だなーとも思っちゃいます。
まだ背景が分からない段階でも叩かれるし…。
私は会長好きで良かった。でもユリは勘弁です(笑)
2007/01/21(日) 16:36 | URL | ゆな #-[ 編集]
シャーリー;;
切ない・・・;;
山場の終わりはこういう切なさでしたね・・・。

シャーリー一時退場(T T)
あくまで俺の中では「一時」です!!www
まぁ、かなり長い期間お留守なのは確定だと思いますが(今期中は無理かな。。。;)、イロイロ考えた上で帰ってくる可能性が無くは無いと思っているので♪

マオは・・・谷口作品に絶対出てくる小物臭がぷんぷんするのであんま重要視してません(笑
ひっかきまわすだけひっかきまわして退場すると思いますしww

とりあえず・・・毎週楽しみです♪
2007/01/21(日) 22:38 | URL | 双翼 #rDpRVoLM[ 編集]
いやあ、なんとも泣きたくなる回でした;

シャーリーが退場(一時かも?)したことによって物語もさらにドス黒い方に流れていくのではないかと・・修羅道?
   
 まあ、嫌ではないんですがもう少し恋とか学園とかがあってもよかった気がします。
  
ルルの「俺が忘れさせてやる」の台詞、ちょっとドキリとしました。いやん。
2007/01/22(月) 10:24 | URL | 華夏楼 #pYrWfDco[ 編集]
こんちわ!
( ゚∀゚ )こんちわ!
何気にネットサーフィン中によらせていただきました
これからも楽しいブログに期待しまっす♪
ついでにランキングぽちりんこ
(。-∀-)ではでは
2007/01/22(月) 11:13 | URL | SPIKE #eqA60GCk[ 編集]
>龍崎海さん
コメントありがとうございます。

>なぜなら、C・Cのセリフと最後のヘッドホンからの音声から、C・Cの願いをかなえる為だけに育てられた人のように思えたからです。

ありえますね。C.C.のマオに対する目は何とも言えない感情がこもってましたからね。未だC.C.の願いがなんなのか分りませんが、それをかなえるために子供の頃から一から育てられたというのは確かにアリですね。

>ルルのギアス対策>ギアス対策を行うということはギアス能力者でも他人のギアスは防げないということですね

C.C.に与えられた能力だからギアスなのでしょうが、ルルの力とマオの力はまったく違いますからね。対抗策を練らないと勝ち目はないでしょう。ルルは肉体派ではありませんから、心を読まれてしまうのはかなり致命的です。C.C.が勝てないと断言したのも分ります。
どういう風に対抗策を練っていくのか、それが次回の楽しみの一つですね。

>それとC・Cがどうしてあそこにいると知っていたのか気になります。読心の力で人と合わないようにしていたみたいなので。それとも、常にC・Cを探していたのでしょうかね?

C.C.を探していたのは間違いないでしょう。学園で手がかりを得たので、当たりをつけていたとか・・・




2007/01/23(火) 15:02 | URL | クライスト #-[ 編集]
>ウエストさん
コメントどうもッス

>マオ
私にとっては登場の仕方が悪すぎましたね。とにかくシャーリーをもてあそんだ罪は重いといったところでしょうかw
それは抜きにして、実際心を読んで相手を誘導していく手並みは大したものでした。アジテーターとしては最高の能力です。

マオのギアスについて、ルルのように制約がないぶん、別のところで自分に影響を受けているのでしょう。人間って心の中ではかなり汚いことを考えていることが多いですから、そんなことを常時読んでいたら気が狂ってしまってもおかしくないという意見には賛成です。
だからといって今回の行動を許せるわけではないけど。

>シャーリー
ギアスで忘れた範囲ですか・・・確かに記憶のほころびは出来るでしょうが、ルルのギアスは制約が多い分効果の方は絶大だと思いますので恐らく忘れろと命じた部分に対してはこれからも思い出すことはないでしょう。

悲しい終わり方でしたが、きっとこんどは別の部分で出番があると信じています。この作品の監督さんはキャラの扱いが上手いですから。

>ルル
自分のことでいっぱいいっぱいだから他人の感情まで気が回らないのでしょう。ナナリーを守るというのも、これからのことを予想して事前に手を打っておこうと言うことであり、ナナリー自体は兄様と一緒にいられればそれでいい、って感じですから。

シャーリーについても失ってから始めて気がつくなど、ちょっと感情への配慮が足らない気がします。この辺が悪い影響となって出なければいいですが。

あと、セシルの料理にせよ、ロイドの変人ぶりにせよ、きっとどこか変わった連中の集まりなんですよ。特派は♪
2007/01/23(火) 15:18 | URL | クライスト #-[ 編集]
>双翼さん
コメントありがとうございますw

>シャーリー一時退場(T T)
あくまで俺の中では「一時」です!!www

ありがとうございます! 私の中でも「一時」ですw
これからの怒濤の展開の中で本キャラとして出てこれるとは思いませんが、それでもきっと顔を出してくれると信じています。あれが終わりでは悲しすぎる・・・

>マオ
小物臭ですか・・・
個人的には最初ルルを引っかき回すけどその内いなくなっているような気がしてなりません。出来ればせっかくのギアス能力者なのでなんかでかいことをやっていってくれませんかね。ゼロの正体を全世界にばらすとかw
2007/01/23(火) 15:21 | URL | クライスト #-[ 編集]
>華夏楼さん
コメントありがとうございますw

>シャーリーが退場(一時かも?)したことによって物語もさらにドス黒い方に流れていくのではないかと・・修羅道

確かに雰囲気が暗くなっていく可能性が高いですね。今後学園も安息の地ではなくなりそうですし、ミレイとシャーリーのやりとりが見れなくなると思うとそれだけでちょっと嫌な感じですw

恋とかはさすがにどうかと思いますね。元々のテーマは「反逆」ですから。

2007/01/23(火) 15:43 | URL | クライスト #-[ 編集]
>ゆなさん
コメントありがとうございますw

>スザクとかマオとか嫌いなキャラについては最初に注意書きとかしておいてくれると助かります

う~ん・・・スザクは別に嫌いではないです。ただ彼の考え方の根本にあるのが分らないのでちょっと行過ぎじゃない?って考えてしまうだけです。
しかし、ちょっと最近厳しめに書きすぎましたね。次からは気をつけます。

>私は会長好きで良かった。でもユリは勘弁です(笑)
あの会長って本当に面白いところはあるし、頼りがいあるところはあるしで意外と頼りがいがあります。私もかなり好きですよ。登場が少ないのが残念ですが。

百合は・・・コメントは控えますw
2007/01/23(火) 15:49 | URL | クライスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。