今期はコードギアス~反逆のルルーシュ~に気合い入れてます!! また、Fate/stay night[Realta Nua]を全力で応援しますw
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

え~、本日の感想を某戦艦アニメの美少女キャラの言葉をもって語らせていただきます。

「・・・バカば~かっ!」

以上。
燃えるバカが一人、純粋な変態が一匹現われて他のことなどどうでも良くなってしまいましたw
でもなぁ、あのフルメタルジャケットと変態がそろったときのハンバーガーショップの店員がワラタw

ドラマCDシリーズ「武装錬金」
ドラマCDシリーズ「武装錬金」
和月 伸宏

関連商品
ドラマCDシリーズ「武装錬金 2」
武装錬金//
エクセレントモデル 「武装錬金」 津村斗貴子
武装錬金 (10)
ドージンワーク(2) 限定版
by G-Tools


fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

★斗紀子さん転入

学校生活を楽しめないと思っていた斗紀子さんがいきなりカズキのクラスに転入してきました。

とっつききにくいオーラを放っていた斗紀子さんでしたが、リーゼントとまひろ!の出現により一気にコメディに変わってしまいましたね。

「いい加減、カズキとの関係を教えてくださ~い!」

このリーゼントは目が燃えてますw 楽しませてくれますね。そして違う学年だというのにいきなり突入してきたまひろも笑えたw


★いよいよ出てきたキャプテン・ブラボー

パピヨンとの戦いで結局犠牲者を出してしまい、後悔を隠せないカズキの前に現われるメタルジャケットの男。彼が、戦士長であります。

「偽善と疑うのならば、戦い続けろ。」

そう言ってカズキを練金の戦士にスカウトしようとする戦士長。
ここまでは良かったんだよなぁ。ジャケットで隠れてるのもなんだか格好いい感じがしてw
ほんとにここまででしたw

斗紀子さんが戦士長について解説している場面あたりからおかしくなってきます。メタルジャケット姿しか見たことはないが、とにかく神出鬼没、正体不明だそうです。唯一分かっているのは口癖が「ブラボー」とか。

といっていたら新管理人の紹介がありました。名前が

「キャプテン・ブラボー」

だそうです。本名は秘密。何故なら、「その方が格好いいから!」

バカだw

カズキとは非常に気が合いそうなバカでした。

LXEとの戦いにカズキをスカウトしようとしますが、カズキはまだ乗り気じゃなさそう。しかし、そんなカズキに戦う意志を与えたのがもう一人のバカ、いや変態でした!

★ウマカバーガーの悲劇w

いや、単にパピヨンマスクと明らかに的外れのおしゃれをした変態と、メタルジャケットでブラボーしか言わない変人に目をつけられて哀れだなぁとw

明らかに客が減りますよ。というか逃げ出してるしw


★パピヨン=蝶変態復活

フラスコの中で修復されたパピヨンは、ドクトルバタフライという自分のひいひい爺ちゃんと、ホムンクルス集団LXEの存在を知る。
そして、バタフライの口からホムンクルスの王の存在を知る。
ヴィクターの後ろ姿だけ出ていました。

パピヨンは復活するとすぐに変な服を着て(笑)カズキに宣戦布告をしにいきます。さすがは蝶人、周囲の視線などまったく気にならないようです。
彼はまだ人型ホムンクルスの真の力を手に入れていないとか。それは武装練金のことなのだということがすぐに明かされますが。

体は修復したものの、体内の病気まで消えたわけではないので体力がまだ戻っていなかったパピヨンはカズキに宣戦布告だけして去っていく。
ただ、名前を呼んでいいのはカズキだけとかすでに執着の兆候は出てきてますねぇ。いい感じですw

★ホムンクルス襲撃

ホムンクルスが出てきて武装練金を使って攻撃してきます。
半人前のカズキではパワーでまったく歯が立たず。
どういうわけか斗紀子さんも戦士長に止められます。

自分の拳を武器として、防御面はシルバースキンに任せるブラボーは熱くて強い! 
単なるノリの言いバカではないぞw

そしてカズキは練金の戦士として戦うことをようやく決意するのだった・・・



なんだかんだいってもパピヨン復活、ブラボー顔見せとして素晴らしかったと思います。単純に笑えたしw
コレを見た後に、スパロボを見るとあまりのクオリティの差に唖然としてしまいますね。困ったものです・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 どうもこんばんはです。

>「・・・バカば~かっ!」

 あのキャラは素晴らしかったですね。
 お陰で彼女の存在全てがあの作品の評価全てになってしまいましたw

2006/11/16(木) 23:22 | URL | サトシアキラ #-[ 編集]
>サトシアキラさん
こんばんは~。コメントありがとうございますw

>あのキャラは素晴らしかったですね。
 お陰で彼女の存在全てがあの作品の評価全てになってしまいましたw

確かにw
主人公とか艦長とかもかなり個性的でしたが、それを全てかき消す破壊力を秘めていましたw
2006/11/16(木) 23:45 | URL | クライスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。