今期はコードギアス~反逆のルルーシュ~に気合い入れてます!! また、Fate/stay night[Realta Nua]を全力で応援しますw
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

リアルタイムで見ていて助かった!
普通の予約録画では一番いいところを見逃してしまうところでした。
アブね~(--メ)

C.C.の行動が楽しすぎ!

今回のポイントは

・コーネリア登場。ナイトメアは専用機
・C.C.復活。ルルーシュを惑わせる
・スザクとユーフェミアの天然邂逅
・スザクとルルーシュの行動理由
ランスロットとサザーランドの戦闘
・スザク、アッシュフォード学園に入学

くらいですかね。とにかくルルーシュとC.C.、スザクとユーフェミアと見所は満載です。というか、このアニメ見ていてつまんないと思った界が一度もないっていうのは凄まじい・・・
このクオリティが何処まで続くか、非常に楽しみです。まあ、所々作画がおかしいところはありますが、そんなのまったく気にならないストーリーが最高w


コードギアス 反逆のルルーシュ 1
コードギアス 反逆のルルーシュ 1
谷口悟朗 福山潤 櫻井孝宏

関連商品
COLORS
勇侠青春謳
Kanon 1
機動戦士ガンダムSEED C.E.73-STARGAZER-
機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションIII 運命の業火
by G-Tools


fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

とりあえず・・・世界バレーは邪魔っ!!!

ガンバレニッポン?・・・ふざけんな!
リアルタイムで見ていたからいいものの・・・そうでなかったら予約時間間違っていましたよ。

さて、愚痴はこの辺にしておきましょうw


★魔女コーネリア

いきなり出てきた魔女コーネリア。
いかにも戦士といった男達から受ける信頼が凄いです。
これは一筋縄ではいきませんな。ようやく「敵」と言えるものが出てきたようです。

それにしても炎の中立ちつくすコーネリアの愛機は威圧感充分です。これからの激しい戦いを予感させますね。

ところで、エリア18の人が言っていた「グロースト」(グロースター?)ってコーネリアの部隊名でしょうか? それともナイトメアの名前?
あとどうみてもコーネリアの機体は専用機ですね。あの長く伸びた角がザクの角みたいな役割かな。


★C.C.復活

ルルーシュが家に帰るとそこにいた謎の物体w
先週ナナリーの後ろに幽霊のように登場していましたが・・・ナナリーよ。どうしてC.C.とそんなに馴染んでいるのだ?
まあ、ナナリーは素直すぎるのでしょうね。だからこの悪党どもに簡単に引っかかってしまうのですw
ルルーシュが心配になるのも分かるかも(笑)

ナナリー:「変わったお友達ですのね。イニシャルだけだなんて。ひょっとして・・・お兄様の恋人?」

C.C.:「将来を約束した関係だ。なっ?」

コレをあっさり信じるところにナナリーの純真さを感じます。でも・・・やっぱり少し人を疑うことを覚えた方がいいかもしれないw


■今回明らかになったC.C.の不思議

マイペースすぎ
とにかくマイペース。人に質問には一切答えないが、自分の知りたいことはどんどん聞いていく。
ルルとは共犯者という自覚があるらしく、序列としては自分が上と思っているように見えますね。

死なない
クローンとか、色々な可能性はありますが、「私が与えた力」といっていた以上あのとき死んだ?人と同一人物、もしくは精神が同じと考えて間違いないでしょう。魔女というだけあって、銃で頭を撃ち抜かれた程度では死なないようです。


ルルーシュ


C.C.が突然現われたことに困惑するが、力をくれたことには感謝している。何しろ、ギアスが手に入ったためにスケジュールを前倒しできるようになったのですから。裏を返せばこんな力などなくても「ブリタニアをぶっ壊す」つもりだったというからルルはやっぱり凄い。
やはりルルの最大の武器はギアスではなくその知恵と判断力、そして目的のためには手段を選ばない強固な意志、ってことですね。

しかし、C.C.にはすっかり振り回されっぱなし。そんなルルを見ているのも楽しいものですw

今回最高の名言は

C.C.:「男は床で寝ろ
     「野宿したら補導される

あ~、毎回毎回名言ばっかで面白すぎw


★社会情勢

世界はゼロを中心に動いている。オレンジという疑惑をかけられたジェレミアは統率力を失い、各地ではゼロに続けとばかりにテロが相次いでいる。日本解放戦線でもゼロに続いて立ち上がるべきとの声が上がる。
しかし、藤堂はそれを抑えている。正しい判断です。


★オレンジ疑惑


単なるでっちあげでしたw

でもきちんと効果は出てますよ~。
ルルーシュ曰く「同士とかいいたがる奴らほど疑惑という棘で分裂したがるものだからな」

まさに狙い通りです。キューエル達はジェレミアを始末しようと動いていますし警察などとの連携も最悪です。
きっちりと先のことも考えていたわけですな。さすがルルーシュです。

ただヴィレッタだけは疑い始めたようです。シンジュクでサザーランドを奪われた連中、ジェレミアに記憶障害が見られたこと、そしてシンジュクでみたブリタニアの学生・・・
案外こういったところからゼロの正体がばれていくのかもしれないですね。

★スザクとユーフェミア

いきなり解放されたスザクとタイミング良く落っこちてきたユーフェミア。立場を使って気になっていたスザクを解放させて案内役に使おうとした・・・っていうのは考えすぎですかねw
あらかじめスザクの素性と名前も調べていたみたいだし。まあそこら辺はニュースでやっているでしょうからそっちから知ったのかも知れませんが。
また猫に話しかけていたり相当天然が入っているようですね。声が南央美さんだからいいものの、田中理恵さんだったら完全にラクスですよ、これはw

町を案内するスザクにシンジュクを案内してくれと頼むユーフェミア。

シンジュクはすでに廃墟となっており、せっかく集まってきていた人たちもいなくなっていた。
そんなところで起きるブリタニア人とイレブンのもめ事。
起こしたのはレジスタンスとちょっと観光にきていたブリタニア人。

レジスタンスは、というか玉城は相手やスザクに言いがかりをつけて殴りかかる始末。名誉ブリタニア人であるスザクのことを裏切り者として見下しています。
こいつは、完全に確信しましたが力も思いも考えもないくせに口先だけは達者なゴミですね。

助けられたブリタニア人の方は、スザクに対して礼もせず何で逃がしたのかと逆ギレしてます。名誉ブリタニア人のくせにと、自分たちは何も出来ないくせにスザクのことを侮辱する。

こんな状況におかれることが分かっていながら、何故スザクはブリタニア軍に身を置くのか。

★ギアスの条件

学校生活に戻ったルルーシュはやっぱりC.C.に振り回されるのでしたw ルルの前で体操みたいなことをやっているC.C.が笑えますw
しかも誤魔化すために近くにいたカレンの顔を思いっきり近づけてしまいますが、端から見たらキスしているようにも見えます。これでまた一つ、シャーリィーに誤解されてしまいましたw

C.C.を屋上に連れて行って説教をしますがまったく効果無し。困ったものですw そこで実験の成果を目にするC.C.。「自分の武器のスペックは知っておくべき」との考えで、3話からいろいろと実験していたんですねぇ。

その成果として得られた情報は、

・相手の目を直接見る必要がある
・メガネ程度の透過率なら問題なし
・有効距離は270メートル程度
・ギアスをかけた前後、および発動中には記憶の欠落が見られる
・光情報だとしたら反射も可能?

確かに短期間でよく調べたものです。
いくなナナリーのためとはいっても、ルルーシュはなんでブリタニアをそこまでぶっ壊そうとするのか。
その根底にはスザクと同じ思いがありました。

★ルルとスザクの根底理由

ここからルルとスザク、C.C.とユーフェミアが交互に話していくって描かれ方をしてますが、かなりいいですね。方法論こそ違えど、ルルとスザクは10歳の頃に同じ光景を見て同じ思いを抱いていたって事がよく分かります。
ルルはとにかく戦って勝てばいいという立場。
スザクはまだ具体的にどうすれば、自分の大切な人を守れる戦争のない世界に出来るのか模索している最中でした。

このあたりの方法論の違いは育ち方の違いから来るものでしょうね。
スザクは言論で物事を解決しようとした枢木首相の考え方が根付いていた。あの戦争で死ななければならなかった父。その死を無駄にしないためにも、今はとにかく自分の理想が達成できるように前を見て進んでいかなければならない。
ランスロットはその為の力なんでしょうね。

ルルーシュは幼い頃から力が強いものがやる理不尽さを見てきていたのでしょう。目の前で母を殺され、そばにいる妹は不自由な生活を送ることになってしまった。
とにかく勝たないと自分の意見を押し通すことは出来ない。そんな考えがあるのかも知れません。単純にブリタニアが大嫌いってこともあるかもしれませんがw

★純血派の私闘

コーネリア着任前にワイロ容疑(完全にルルの思惑通り)をかけて粛正をしようとするキューエル。ジェレミアは完全にはめられてしまいました。

ロイド達は街中からずっとストーカーしてましたが、ここでいよいよスザク達の前に姿を現します。

ロイド;「純血派の内ゲバなんだよ。とっとと逃げよw ああ、それと釈放残念でしたw またつきあってもらうよ~」

このシーンかなり好き^^ ロイド・・・お前は正直すぎるよ。まあスザクもパーツ扱いは覚悟してランスロットに乗っているみたいですからね。

スザク:「待ってください。ランスロットの戦闘データを取るチャンスではないでしょうか」

ロイド:「ほほぉ~」

ランスロットに関していいことならば全て呑むのがロイド。この辺のわかりやすさが面白いw

そしてユーフェミアを残してスザクは戦場にいくのだった。

ランスロット強すぎ

ジェレミアを容赦なく倒そうとするキューエル達4機のサザーランド。

キューエル;「我らは何のために存在している!? 皇室のためであろう」

いや、どっからどうみてもジェレミアを殺そうとするのは自分たちの保身のためでしょう。純血派ってこんなにくだらない一派だったのですねえ・・・

そこに介入するランスロット

スザク:「意味のない戦いを見過ごすわけにはいきません!」

そう言って、ランスロットの背後にマウントされた剣を取り出すスザク。これはMVS(メーザーバイブレーションソード)というものらしいです。赤く光っているときが振動している証拠なのでしょう。
しかしいきなり二刀流か。格好良すぎだぞ、主役メカw

襲いかかるスラッシュハーケンを、敵の槍ごと腕を切り裂くなどとんでもない破壊力を見せるMVS。
そしてケイオス爆雷すら防ぎきる鉄壁の防御力。

つえ~。コーネリアの部隊でも一機で殲滅できるのではないか、って思えるほど強い。コーネリアのナイトメアは明らかに通常よりもパワーアップされてますがね。

ここでようやく本当の名をだすユーフェミア

ユーフェミア:「私はブリタニア帝国第3皇女、ユーフェミア・リ・ブリタニアです。この場は私が預かります。下がりなさい!」

おお、天然系でもきちんと貴族教育は受けているようですね。猫と会話するわけ分からない部分はありますがw

★エピローグ

コーネリアを出迎えるユーフェミア。コーネリアは実の妹には優しいが、今までここにいたものには銃を突きつける。
コーネリアとユーフェミアにとってはクロヴィスは実の兄弟。コーネリアは愚弟とかいっておきながらかなり怒っているようです。パーティーなんかよりもゼロを捕まえろとのご命令ですねw

そしてどういう経緯か分かりませんが、

枢木スザクがアッシュフォード学園に入学してきました!

生徒会にはいるのは確定ですが・・・これからルルーシュやナナリー、C.C.などとどういった事をしていくのか、楽しみです。
ただ、ヴィレッタの情報でここに来たとなるとなかなかルルにとってはやっかいな存在かも。まあスザクは素直すぎるから誤魔化すのは分けないと思いますが。


今週はとにかくC.C.とユーフェミア、コーネリアがどんなキャラなのかっていう顔見せの話しでしたが・・・単なる顔見せではなく戦闘ありギャグありシリアスありで中身の詰まったお話でした。

今週もいきなりスザクがアッシュフォード学園に入ってきたことによってどうなるのか、また先が気になるように出来ていました。引きがとことん上手いアニメですね。
あ~、また一週間待たないといけないのか・・・隔日放送にしてくんないかなw 一週間待たないといけないっていうのはきついですw


★次週「奪われた仮面」

サブタイからすると、ルルの仮面が見つかっちゃうのかな。まさか・・・さすがにそれは早すぎか。
ジェレミア転落はまだ止まりませんw どうやら尋問を受ける模様。やってるのがコーネリア直属だからそうとう厳しいものになりそうです。
基本的には学園生活でスザクが活躍するお話でしょうかねぇ。

まあとにかく来週も面白そうなので絶対見逃せません。つくづく世界バレーは邪魔だよなぁ・・・



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ウルトラマイペースガールズ♪
C.C.とユーフェミアのことです。スザクはともかく、ルルの振りまわされる様子は面白かったです♪

>C.C.
ナナリーと折り鶴折ったり、ルルの私服を着てアシュフォード学園に乗り込んでルルの前でこれみよがしに踊ったり、自由すぎ♪将来を誓い合った仲というのはあながち間違いではないです。契約をしてますから。嫌いなものは「冗談」と「しつこい」ことというのも面白かったです♪ミステリアスだけど、どこか楽しい子でした。しかし「男は床で寝ろ」という辺り、女王様の片鱗を窺えます。ベッドの彼女は蝶サイコー♪

>ユーフェミア
ボイスが南央美さん…♪思いっきり天然入ってますが、しっかりしてる部分はしっかりしてる印象です。貴族目線だけでなく、シンジュクという現実を見るあたりは中々いい感じです。無茶な所もありますが、これからの成長が楽しみです♪猫との会話はあのボイスだからこそ良し!

>ルルとスザク
根っこの部分は同じということが分かりました。ただやり方は全く違いますけど…。この2人が交わることは意外と無いかもしれません。ルルは家族を傷つけられ殺され憎しみを抱き、スザクは父ゲンブが殺されても決してブリタニアを憎み壊す道を選択しなかった。失った痛みを思い知らせる者と失った痛みを他の誰にも味わわせたくない者。この差はかなり大きいと思います。ルル思考なのはカレン、スザク思考なのはユーフェミアとヒロインは決まってる予感が…♪シャーリーは今後ですね。

>今週のブリタニア軍
全力伯爵…哀れすぎ。キューエル達に囲まれてリンチですよ!せめて一対一で戦えるようなシチュに持っていかないと…。ヴィレッタとスザクが来たからよかったものの、来なかったら死んでます。新総督のコーネリア、ガチガチの軍人様です♪専用のナイトメアフレーム、カッコよかったです!張りぼての姉ということはあれで25歳以上?ルルとどこまでやりあえるのか見物です。

>今週のロイド博士(笑
本当にこの人って自由人ですね。三十路手前でこの性格、素敵です♪スザクを迎えに行ってあげたり、ユーフェミアとデート(!)してる所を温かく車で追跡したりと人間らしいですね。しかし面倒は嫌いと…。でもスザクの言葉に乗っかる精神は見習いたいです、色々。しかし公式発表されていないユーフェミアのことを知っていたり、サミットに参加するほどの人間とのコネクションを持っていたりと謎も少なくないです。いつか暇を見つけて学園の教師として乗り込んできて欲しいようなそうでないような(笑

>スザク転校
一番割を食ったのはルルではなくてC.C.です。あの子の顔を知っているスザクがいては今回のように踊ることは出来ないでしょう(笑)。学園で待っているのは確かイジメだった気がします。漫画では相当な目に遭ってます。もちろんスザクはへこたれないですが!

来週は全力伯爵がまたも酷い目に遭っていそうです。ヴィレッタの心中を察すると…。彼女はおぼろげにルルのことを覚えていそうなので、今後に注目です。
2006/11/04(土) 10:56 | URL | ウエスト #a8N0vP3U[ 編集]
パワーバランス
クライストさん、こんにちは。

>とりあえず・・・世界バレーは邪魔っ!!!

今回はえらく微妙な延長時間でしたよね。
自分もリアルタイムで見てなかったら録画時間を間違えてる所でした。
別にバレー放送するのが悪いとは言いませんが、10分だけ延長とか物凄く微妙なことは止めて欲しいですよ。

>ランスロット強すぎ

本当に一機で戦局を変えられる程の力を秘めてますよね。
いくらなんでも無敵すぎ。マジでフリーダム状態です。
でもランスロットがバッタバッタと敵を倒していく姿は確かに清々しいのですが、やはり他ナイトメアとのパワーバランスが開きすぎている所が不安なんですよね。
いつもランスロット優勢の一方的な戦闘じゃいつかマンネリが来ちゃう気がしますから。
レジスタンス側にも何か強力な兵器が現れてくれればいいのですがが・・・まぁ、期待するだけ無駄なんでしょう。
一方的な戦闘にならないためには、やはりルルの頭脳と戦略が必要になってきそうですね。

>ジェレミア転落はまだ止まりませんw どうやら尋問を受ける模様。やってるのがコーネリア直属だからそうとう厳しいものになりそうです。

全力辺境伯は予告で物凄く情けない表情をしてましたよね。
コーネリアはかなり厳しい性格のように見えますし、ジェレミアの転落物語はまだまだ続く事でしょう。
まぁ、酷な扱いを受けてくれた方が楽しめそうなのですけどねw
2006/11/04(土) 19:00 | URL | ノイシュ #kPCKmVHg[ 編集]
猫に片想いな彼と・・・
クライストさん、こんばんは。

>C.C.
第3話で出てきたあの写真を見た感じでは相当古くから存在してたようですね。
実はかなりの年○だったり?

>玉城
たぶん物語をいい感じに進めるための潤滑油役。本筋にはほとんど絡むことなくあんな感じで在り続けるきがします。
なお、あの勢いで石畳に叩きつけられると普通は起きれません。ってか、主人公・白、石畳に投げつけるなよ・・・・。

>ヴィレッタ
ボクらの知ってる「サザーランドを奪われた連中」ってのに該当するのは、このおねいさんだけなんですが、ひょっとして、あの電車の中の機体のことでしょうか?

>バトレー
「あんな女」に関わったおかげで全力卿同様に転落人生な人。
第3話の様子では責任を取らされそう。テラカワイソス。
「あんな女」に現在進行形で関わってる主人公・黒、さっそく振り回されてますね。大丈夫でしょうか?

>純血派の内ゲバ
過激に元気な人たちのやることはあんなもんです。
昔は日本国内でもよくありました。

>ユーフェミア
猫と喋ってるとこより、スザクの心無い?態度によって寂しそうにしてるとこが非常に印象に残りました。
あぁ・・・ダメダメじゃん主人公・白。

>社会情勢
気になる単語がいくつか。
京都?とか紅蓮弐式?とか。
2006/11/04(土) 23:05 | URL | ヤノック #5GNoC3ss[ 編集]
>ウエストさん
コメントありがとうございます♪

>C.C.
私もはまりましたね。ルルとの契約関係に捕らわれず自由に動き回る彼女が見ていてとても面白い。それに振り回されるルルはさらに面白いw

>ユーフェミア
ボイスが南央美さん…♪
なんか天然なところはあってたんですけど、キリッとしたところではちょっと外れていたような気がします。というか央美さんはルリしか知らない・・・

現実を見ようとしたところは確かに評価できますが、問題はそこから何が出来るかですね。スザクは彼女の剣としてどういうふうに力をふるっていくのやら。

>>ルルとスザク

言葉は乱暴ですが、ルルはやられたらやり返せで、スザクは敵と同じ方法をしていても何も変わらないって名感じでしょうか。まあ微妙に違っているとは思いますが。

この二人は簡単には交わってほしくないですね。理想をぶつけ合って共倒れっていうのも悪くないかと。もちろんブリタニアはどんな方法であれ崩壊にもちこんでからですがw

>オレンジw
全力伯爵卿はリンチにあってますね。確かに哀れですねぇ。この転落ぶりはどうよw
でも彼にはもっともっと笑わせてくれなければ困ります。来週からもまだまだ転落は続くようですしねw

>一番割を食ったのはルルではなくてC.C.です
あんまり気にしないのではないでしょうか。もともと死亡者リストにも載っていなかったし、あったところで生きていて良かった程度の感想でしょう。

それにしてもイジメですか。最初に接するのはルルとナナリーぐらいかな。
2006/11/04(土) 23:53 | URL | クライスト #-[ 編集]
>ノイシュさん
どうもこんばんわ~w

>今回はえらく微妙な延長時間でしたよね。
自分もリアルタイムで見てなかったら録画時間を間違えてる所でした。

本当に危なかったです。予告無しでどうでもいいものを延長するのはやめてもらいたいですね。

>でもランスロットがバッタバッタと敵を倒していく姿は確かに清々しいのですが、やはり他ナイトメアとのパワーバランスが開きすぎている所が不安なんですよね。
いつもランスロット優勢の一方的な戦闘じゃいつかマンネリが来ちゃう気がしますから

最初だけでしょう。フリーダムのように最後まで特定のラスボス以外には傷つけることも許さない、なんてことはまずないと考えます。最初だけ強くしておいて、ピンチになったらどんどん新しい武器を投入していく、ってな感じで進めていくのでしょう。

ルルの戦略以外にもいろいろとつく隙はあるかも知れません。今回も出ていましたが、あのキューブが勢いよく回るシーン。あれがどんな意味を持っているのか、非常に気になります。

>全力辺境伯は予告で物凄く情けない表情をしてましたよね

予告の作り方も上手です。先週で一気に人気の出たオレンジ辺境泊の気になる姿を持ってくるとはねw
あれは笑えました。いっそのことどん底まで落ちれば面白いですが・・・オープニングにいる以上無理でしょうな。
2006/11/04(土) 23:59 | URL | クライスト #-[ 編集]
いつも感想楽しみにしています!
どっち派でもないけれど、よくスザクが偽善者扱いとかされている感想を見るので、どちらの立場も考慮した感想はみていて気持ちが良いです。
好みの問題はありますが、やっぱり全体を見渡せている方って素敵!これからも待ってますよー。
2006/11/05(日) 00:12 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
>ヤノックさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

>C.C.
1番最初、スザクとルルーシュが無邪気に遊んでいたときも二人を見ていたし、確かにかなり前からの写真もありましたので見た目通りの年ではないのは明らかですね。・

>玉城
良くいますよね、こういうやつ。非常に分かりやすいバカの例を挙げてくれてありがとうございますw
まあこいつはずっとああでしょうね。プライドだけ高く考え方に柔軟性がない。
まあさっさと生け贄として死んでくれとw

>「あんな女」に現在進行形で関わってる主人公・黒、さっそく振り回されてますね。大丈夫でしょうか?

大丈夫でしょう、多分w ルルの目的を邪魔することはなさそうですし・・・
でも関わりたくないタイプなのは確かですねw

主人公・白は今回ランスロットに乗っているところだけ格好良かったです。それ以外は・・・w
2006/11/05(日) 00:28 | URL | クライスト #-[ 編集]
>通りすがりさん
こんばんわ~。コメントありがとうございます。

>よくスザクが偽善者扱いとかされている

う~ん、スザクは偽善者というには早すぎると思いますね。ただ単にお人好しで目の前にある争いを放っておけないだけでしょう。
それに迷いながらも前を向いて進んでいくっていうのはよくあることですからね。ルルと対照的に描かれているためそういった面が強調されているだけかと思います。

物語は始まったばかりですからね。キャラの評価を決定するには早すぎると思います(オレンジ辺境泊を除くw)

今後もコードギアスには最も力を入れていきますのでよろしくお願いします。
2006/11/05(日) 00:44 | URL | クライスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。