今期はコードギアス~反逆のルルーシュ~に気合い入れてます!! また、Fate/stay night[Realta Nua]を全力で応援しますw
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

仮面の男ゼロ登場!!!

ゼロとなったルルーシュ君はついにブリタニアに宣戦布告します。
その結果は・・・

そして1話以来でC.C.が再登場です!
今回の終わりでナナリーの後ろに登場します。すごい気になる終わらせ方でした。また来週が早くみたいと思ってしまいますw


コードギアス 反逆のルルーシュ 1
コードギアス 反逆のルルーシュ 1
谷口悟朗 福山潤 櫻井孝宏

関連商品
COLORS
勇侠青春謳
Kanon 1
機動戦士ガンダムSEED C.E.73-STARGAZER-
舞-乙HiME Zwei スペシャルパッケージ 1 (初回限定生産)
by G-Tools


fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

【あらすじ】
クロヴィス殺害の容疑者としてスザクが捕まったことにより、その周囲は騒ぎ始める。ロイドとセシルはランスロットのパーツがいなくなったことを嘆き、ナナリーは心配し、ジェレミアはこれをきっかけに名誉ブリタニア人制度をなくそうと画策する。
シンジュクのレジスタンスは困惑し、日本解放戦線はスザクの処遇について話し合う。奇跡の藤堂はスザクを見捨てることを選ぶ。

スザクを軍事法廷に護送することをパレードとするジェレミア。それを演出するディートハルトはくだらないと思いつつも仕事をする。

そんな中、ルルーシュはスザクを救うべく行動を開始する。マスターに命令してマスクとマントを作り、ゼロと名乗る。
そしてカレン達を呼び出して簡単な協力を願う。実際に協力したのはカレンと扇だけだったが、ゼロにはそれで充分だった。

護送日当日、パレードをするジェレミア達の前にクロヴィス専用車が現われる。そこから出てきたのは・・・ゼロ。
ゼロは毒ガスのカプセルを見せ、クロヴィスを殺したのは自分と告白。注意を引きつけたところで、ギアスを使いジェレミアを操りその場からまんまと逃走する。

助けられたスザクは、ブリタニアを中から変えると言い、ゼロに背を向ける。せっかく助けたスザクに拒絶されたゼロは心の中で罵るのだった。「この馬鹿がっ!」と。

スザクの無罪放免がなりそうな状況となり安心するナナリー。その後ろに現われるのは・・・C.C.!!



★枢木スザク逮捕の影響

クロヴィス殺害犯って事もあるでしょうが、それよりも日本最後の総理大臣の息子っていう点が驚きました。ルルーシュとナナリーがスザクと友達になったというのはここら辺に理由がありそうです。ルル達は外交の道具にされたと自分で言ってたし。

レジスタンスはかなり微妙。さっさと声明を出さなかったために自分たちの手柄に出来なかったことに起こる玉城。こいつバカですね。手柄にしたところでブリタニアが本気になれば潰されるのは目に見えています。それよりも目先の手柄にこだわるとは・・・自分では何もしないくせに文句ばっかりいうやつは最低ですね。

日本解放戦線では、スザクを英雄として扱うか、無視するかで議論が紛糾。スザクはブリタニア軍に入った時点で枢木の家とは切れているそうです。途中、スザクの母親らしき人物が写りましたが、かなりの名家みたいですしブリタニアなんかに入ったスザクと縁を切るのは当然かも。ところで、スザクの母親らしき人はOPでシュナイゼル?の前に出てくる人に似ていましたが、あれがスザクママと言うことで良いのでしょうかねw

日本がブリタニアに侵略されたとき、ブリタニアに一度も負けなかった奇跡の将軍、藤堂はスザクをあっさり見捨てます。というか、助けにいっても成功しないと見ているようです
「奇跡と無謀をはき違えるな」
という台詞からそれが伺えます。
ところでようやく藤堂さんが登場です。2話でクロヴィスがなにげに口走ってましたけどね。もっと渋いおっさんかと思ってましたw

★ロイドとセシル

二人ともスザクのことを完全に「パーツ」扱いですw
まあセシルの方はどうだか知らないけど。ロイドもセシルもスザク以上のデバイサーを見つけるのはかなり大変らしいので何とか助けたいけど、純血派に軍を掌握されている現状ではそれはかなり難しいようです。頼みの綱の「あの人」もサミットで連絡が取れないようですし。
「あの人」というのはたぶんシュナイゼルか、いまだ名前も出てこない第1皇子でしょう。クロヴィスが「兄上に要らぬ借りを作ってしまったな」と2話で話していましたからね。ロイド達は帝国本国から日本に実験隊として派遣されていると見て間違いないのではないのでしょうか。

それはともかく、純血派としてはスザクを有罪にしてしまえばエリア11の名誉ブリタニア人制度を廃止するきっかけになります。完全に陰謀に利用された形ですね。

★ルルーシュとナナリー

ナナリーはやっぱりスザクのことを覚えていました。ルルに問いかけたりラジオを持って一人スザクのニュースを聞いてたりする所が無茶苦茶カワイイw スザクが学園に来たらまとわりつきそうな感じですw

スザクが犯人ではないということを自信を持って応えるルルーシュ。そりゃそーだよな。犯人ルルだもんなw そりゃ核心持って言えますよw

ルルはスザクを助けるために行動開始。
まずはマスターに変態仮面変身キットを作らせましたw

ギアスで命令して、その道の達人に作らせ、マスター自身の記憶もなくして証拠隠滅完了w
スライドシステムがどうのこうのといってましたが、それはすぐに明かされますw


★ゼロ登場

仮面とマントを着けるだけでルル様はあっという間に変態仮面に早変わりしますw 声の方は自分で微妙に変化させているのか、それとも仮面の中に変声機でも入っているのか・・・たぶん自分でやっているのでしょうが。

カレンに質問するときもいちいち芝居がかっていて見ていて楽しいです
彼からすれば、レジスタンスが行っているテロは単なる子供の嫌がらせでしかないそうです。戦う相手は「ブリタニア人」ではなく
「ブリタニア」なのだから、やるならば「戦争」らしいです・・・ルルーシュ本気ですね。

ただ、さすがにバカばっかのレジスタンスといっても顔を見せない相手の大言など簡単に信じることは出来ません。そんな相手の反応を見ても余裕綽々で、
「見せるのは顔ではなく力だ。不可能を可能にしてみせれば、少しは信じる気になるだろう」
とか言い放つゼロ様が素敵w

結局協力者がカレンと扇しかいないという状況で、絶望的なスザク救出作戦が始まります・・・ところで、
「条件はクリアーしたも同然」とか、「充分」とかいう言葉を多用するルルーシュ君。これが彼の口癖って事でいいんですかねw
そのうち流行りそうな予感がします。


★スザク救出
ここについては他でも詳しくやるでしょうから割愛しますが、気になったことを二つ。

・オレンジとは一体何か?
ジェレミアは知らなかったようですが、これはおそらくC.C.関係ではないでしょうか。違ったとしたらブリタニア皇家に関係することかな。

・仮面越しでもギアスはかけられるのか?
問題なし。仮面は目の部分だけスライドするようになってますw
凝った仮面ですよねぇ。


★ジェレミア

はい、権力握って1話で失脚確定w
見ましたか、あの間抜け面と最高の名言を!

「いいか、全部隊に徹底させろ。全力をあげて奴らを見逃すんだ!」

これ聞いたとき爆笑しましたよw おいおい、テロリストを逃がしてどうするんだってね。まあギアスがかかっているから仕方ないですけど。
しかも、ゼロ達が逃げた後勝機に戻ったジェレミアにはその記憶はないのです。
テレビ放送で失態を演じた以上、失脚は避けられませんね。しかもクロヴィスを殺したと名乗り出た相手を自ら見逃したんですからw

あはは、ざまみろっ(笑)


★ディートハルト

ブリタニアに協力しているテレビ局のプロデューサー。その手腕はブリタニアからも評価されていますが、本人は自分がやっていることにかなり不満を持っているようです。
そこに現われたゼロという存在。久々に好奇心をかき立てられたディートハルトは自らカメラを取ってゼロの撮影に回ります。
きっとここから彼はゼロの正体などについて追っていくんでしょうね。脇役でも結構重要な役所だと思いますので、彼にも今後期待です。


★スザク去る

ゼロに助けられたスザクは軍事法廷に戻る。
スザクが戻らないと、イレブンや名誉ブリタニア人に弾圧が始まってしまうため。
それに、ゼロのやり方はスザクから見れば「間違ったやり方」らしい。スザクは法に従いながら、内から国を変えていきたい。そのためにブリタニアに入った。今のブリタニアは使える価値のない国かも知れない。だから、それを変える。それがスザクの信念だった。
軍事法廷に戻ればスザクは死ぬ可能性が高い。それでも、
「死ぬのなら、みんなのために死にたい」
自分の意志を曲げないスザクは輝いてますねw 

やっぱり主人公はお前だ!

まあ、ルルのやり方が間違っているというわけでもないです。ルルのほうはリスクはでかいが、変革に時間はそれほどかからない。
スザクのやり方は、徐々になので変えるのには大きな時間がかかる。
この黒と白の対立が今後の焦点ですね。いや~、楽しみだw


★現われたC.C.

スザクが軍事法廷に戻ったことで始まる裁判。しかしジェレミアのまずい対応、ゼロが真犯人だと名乗ったことなどから、無罪放免の可能性も出てきました。
そのことを聞いて安心するナナリー。その後ろに現われたのは、死んだはずのC.C.!

遂に登場した魔女。一体どういう存在なのでしょうね。

まったく、このアニメはいつも気になるところで終わるため先が非常に気になります。引きが上手すぎますね。完全に術中にはまってしまいましたw


★次週「皇女と魔女」

ユーフェミアとコーネリア登場。
どうもスザクと運命的な出会いを果たす模様w
コーネリアはどっかの戦場にいるみたいですね。
ジェレミアはすっごくまずい立場になっている模様。
来週は戦闘シーンが充実していそうです。
あとなんかルルとカレンが抱き合っているように見えるシーンがありますねぇ。絶対カレンを利用しているだけだと思うけど、端から見たらかなり怪しいシーンですw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ゼロ、すごいです!
仮面のセンスにしろ服装にしろ。これで声も変えてしまえば完璧です♪ちょっと芝居がかってるのは顔が見えていないからでしょう(笑

>スザク
てっきり一般市民の出かと思っていたら日本国最後の総理大臣の嫡子とは!これには自分も驚きました。それに想像以上にしっかりした子です。ロイドとの語りの際にも毅然としてましたし、最後まで自分を曲げないというのはカッコいいです♪ルルとは明らかに違います。スザクは今の世界を知っているからこそ、内側からの改革を目指しますが、ルルは逆に壊すことを選びました。親友の道が交わる日が来るのでしょうか?スザクは人柄で人望を得そうです。

>ロイドとセシル
セシルは特にイレブンとかどうとかは気にしなさそうです、人間として。ロイドもそうですがこっちはパーツとしてですからね…。でもスザクを助ける為にある人に頼んだり、スザクが気にしていたルルとC.C.の名前が遺体名簿に載っていないと伝えたりしてました。決して人でなしというわけではなくて「自分の範囲でやれることは全てやる」感じを受けました。まあ、諦めの態度は…(汗)。セシルが善人というように、ロイドもそんなに悪い人間ではないと思う自分は…変?

>ゼロ
見事なスザク救出劇でした♪相手が知らないということを上手く利用した作戦でした。ゼロは毒ガスの真実を知っている、ジュレミア達は真実を知らない。それ以前に度胸が違います。覚悟を決めてる人間は強いです!ギアスの命令も見事でした。「ゼロ達を全力で逃がす」という命令どおり、ジュレミアは全力でヴィレッタ達を抑えてくれました♪全力という言葉を入れていなかったらあそこまで必死でやってくれなかったでしょう。そこまではよかったですが、スザクに拒絶された所は…。その後でスザクのことバカ呼ばわりしてますし。ゼロは人柄ではなくて結果で人を集めそうです。

>次回
ユーフェミアがスザクのヒロインっぽいです。コーネリアの乗っているナイトメアフレームはサザーランドと違う印象を受けたので、次回が気になります。スザクはランスロットに乗って決闘でもするのでしょうか?相手は今回の失態の原因でもあるジュレミアが濃厚です。スザクのことだから殺すことはしないでしょう♪来週も楽しみです!
2006/10/28(土) 10:23 | URL | ウエスト #a8N0vP3U[ 編集]
>ウエストさん
こんばんはw コメントどうもです

>日本国最後の総理大臣の嫡子とは
事前情報が全くなかったのでこれにはびっくりです。日本の最後の総理大臣の息子がブリタニアを良くしようとし、ブリタニアの皇子がぶっ壊そうとする。この対比が非常に燃えます。
あのお人好しの性格じゃスザクは人望得るのにかなり苦労しそうですね~。

>セシルが善人というように、ロイドもそんなに悪い人間ではないと思う自分は…変?

単なるパーツとしてしか見ていないとは言え、やはりロイドもスザクには気に入るものがあったんでしょうね。一応彼の頼みは聞いてあげてますし、パーツとは言え心配もしてるようですし。まあ確かに諦めがちと早いようですが。
セシルとはなにげにいいコンビですw


>。「ゼロ達を全力で逃がす」という命令どおり、ジュレミアは全力でヴィレッタ達を抑えてくれました♪
このときのジェレミアは本当に爆笑ものでした。もう徹底して仲間に銃を向けてましたからね。しかも目がいっちゃってたし。
本日最高のギャグシーンでしたw
その状態まで簡単に持って行ったルルーシュの策略と度胸には脱帽です。ギアスの強力さはいうまでもありません。

>ユーフェミアがスザクのヒロインっぽいです
みたいですね~。お姫様とのロマンスなんて一体何処まで主人公やってんだかw
でもユーフェミアがラクスに見えて仕方がない;・・

>スザクはランスロットに乗って決闘でもするのでしょうか
やりそうですね。決意を持ってジェレミアのサザーランドを八つ裂きにするのでしょう♪
もはや搭乗者としての能力でも期待性能差でもランスロットに勝てないのは間違いないです。とことんジェレミアは無能として描かれてますよw


2006/10/28(土) 22:12 | URL | クライスト #-[ 編集]
魔女とは運命どころか宿命ですw
スザクとユーフェミアの運命的の出会い、私も予想していましたが、どこぞのフライング情報(あらすだけ、大したことはないですが)では皇女より魔女が凄いらしいです。予想の斜め上を行くというか、確かに考えれば、ルルーシュのところに厄介=同棲するであろうC.C.、ナナリーが納得するにはどうすれば……はい、魔女がエライことをナナリー(ご家族)に報告するらしいです。アスランがいないのにw 身分の違いなど微妙な関係をダラダラと続けそうなスザクとユーフェミア、一方魔女は、なんて羨ま―恐ろしいのか。平然、否、必然か、朝ルルーシュ起床、横で寝てるような気がしますね。
2006/10/29(日) 02:40 | URL | こじこじ #-[ 編集]
コードギアス 全力のジェレミア
どうも初めまして。
今回も盛りだくさんの内容でしたね。
毎回受ける印象が大きく違うので全く飽きさせられません。
>ゼロ仮面
オープニングなどでその姿は見ていましたが、実際に登場してみると段違いでした。
とてつもないシュール格好良さです。
先頭車両で背を向けて待っているのを見たときは余りの場違い加減に吹き出しましたよw
先頭車両に乗っていた人達の殆どはギアスを使うまでもなく自分で隣の車両に行ってくれたに違いありませんw
>スザク
まさに正当派。
しかしそれ故に拘束の強い立場になってしまっているようで。
スザクは名誉ブリタニア人という立場故の孤独、ルルは正体を明かすわけにはいかない精神的な孤独を抱えていきそうです。
しかしスザクは次回で孤独から抜け出す気配がしますね。
>C.C.
ラムちゃん並の押しかけ女房になると期待しています。
それにしても、やはり彼女は不死身なのでしょうか・・・。
あの引き方はホラー映画ですよ。
>ジェリミア
今回のMVPは間違いなく彼ですねw
「全力を挙げて奴らを見逃すのだ!」はギアス史上に残る迷言になりそうです。

次回予告でランスロットの持っていた剣が、なんだか「勇者の剣」とでも言いたげなデザインだったので「浮いてるなー」と思っていたのですが、ウエストさんのコメントで合点がいきました。あれは決闘用の武装なのかもしれませんね。
あと、ランスを持ったサザーランドも写っていたのが気になります。もしやジェレミアの武器はランスなのでしょうか。だとしたらかなり燃えるんですが!
とにかく次回が全力で楽しみです。
2006/10/29(日) 13:22 | URL | Eisen #HQJieRkE[ 編集]
ジェレミアに爆笑
どうも、こんにちはです~。
ゼロの登場や奇跡の救出劇、そしてスザクの口から語られる信念など今回も30分とは思えないくらいに濃い内容になっており、とても楽しめました。
でもゼロ仮面よりもジェレミアの馬鹿さの方が目立っていたと思うのは僕だけですかね?(笑)

>それよりも日本最後の総理大臣の息子っていう点が驚きました。

またまたトンでもない設定が現れてしまいましたね。
僕も今の今までスザクは民間人だと思っていたため、この設定には驚かされましたよ。
でも名誉ブリタニア人になった時はさぞ非難の嵐を受けたんだろうなぁ・・・。
これは明らかにルルと対を成す設定ですし、この設定が今後どう生かされてくるかが楽しみですね。

>「いいか、全部隊に徹底させろ。全力をあげて奴らを見逃すんだ!」

これはジェレミア辺境伯の名台詞として後世に引き継がれていくことでしょう(笑)
いや~、この台詞にはさすがに笑いましたよ。
「全力で見逃す」って言葉は今まで聞いたことがありませんでしたからねw
さすがは谷口監督、『馬鹿』を描かせたら業界一ですわ。

>あとなんかルルとカレンが抱き合っているように見えるシーンがありますねぇ。

その様子を影から見ていたシャーリーに注目してしまいました。
この光景を見て彼女はまたいらぬ誤解をしていくんでしょうね~。
シャーリー好きとしては、彼女が毎回こんな扱いばっかで悲しく思えてきます。
2006/10/29(日) 14:56 | URL | ノイシュ #kPCKmVHg[ 編集]
>こじこじさん
コメントどうもです。そしてネタバレどうもですw
そう言う話は大好きですのでどんどんお願いしますw

そっか~、魔女は大方の予想通りC.C.のほうでしたか。ユーフェミアとコーネリアの対比だと思ってたのですが・・・

しかしナナリーに一体何を吹き込むのでしょうか。それ以前に確かに死んだはず・・・うわぁ~、早く先が知りてぇ!

ユーフェミアとスザクは確かにダラダラやりそうな予感。ユーフェミアは超天然だしスザクはかなり奥手っぽそうだしw
2006/10/29(日) 23:55 | URL | クライスト #-[ 編集]
>Eisenさん
初めまして。コメントありがとうございます♪

>先頭車両で背を向けて待っているのを見たときは余りの場違い加減に吹き出しましたよw
先頭車両に乗っていた人達の殆どはギアスを使うまでもなく自分で隣の車両に行ってくれたに違いありませんw

雰囲気っていうのが重要なんですよw やっぱり余計な話を聞かれるのはまずいですしね。まああんな格好しているやつに近づきたいとは思いませんがw
思ったいた以上に素晴らしいインパクトを与えてくれましたw

>スザクは名誉ブリタニア人という立場故の孤独、ルルは正体を明かすわけにはいかない精神的な孤独を抱えていきそうです
この二人は立場上どうしても普通の人よりも孤独と戦わなければ行けません。ルルーシュは自分から引き返す道を絶つことでその覚悟を示しました。スザクも己の信念を貫くという強い覚悟を今回示してくれました。どちらも強い精神でこれからの困難を乗り越えていくのでしょう。どっちが勝利者となるか・・・早く知りたいものです。

>ラムちゃん並の押しかけ女房になると期待しています。
それってかなり怖いw 
C.C.は馬の空気を読まなさそうなのでこれからのルルの通常生活はかなりきついものになりそうですw

>>ジェレミア
本当にこいつには笑わさせてもらいました。あの名台詞はコードギアスの中でも印象に残る台詞として残るでしょうね。
何回見ても笑いをこらえることが出来ませんからw

どうやら来週はスザクとジェレミアの決闘みたいですね。どう考えてもジェレミアに勝ち目はありませんが。しかもランスロットは剣を使うのか。たぶんハンデでもつけるんですかねぇ。
2006/10/30(月) 00:22 | URL | クライスト #-[ 編集]
>ノイシュさん
コメントありがと~ございます~w

>でもゼロ仮面よりもジェレミアの馬鹿さの方が目立っていたと思うのは僕だけですかね?(笑)

いいえ、私もですw ただ、ジェレミアのあの名言がなければゼロの方が目立っていたでしょうw

>明らかにルルと対を成す設定
とことん対を成しているんですねぇ。だから上手い具合にかみ合って親友でいられたんでしょう。
ルルとスザクの歩むまったく違った道をどう描いていくのか、これからが非常に楽しみです。

>「全力で見逃す」
信じられない台詞ですね。あの時のバックミュージックと壮絶なジェレミアの顔が返って笑いを誘いましたw 
何回見ても爆笑です。コードギアスは毎回こういうインパクトがある場面があるので見ていてまったく飽きませんw

>シャーリー好きとしては、彼女が毎回こんな扱いばっかで悲しく思えてきます
同感です。今のところコードギアスの中ではシャーリィーとナナリーが好きなんで正直この扱いはきつい展開なのですが・・・でもオープニングでもシャーリィーは目立つところありますからね。進んでいくにつれてなにか重要な役所を演じてくれると信じております。
2006/10/30(月) 00:42 | URL | クライスト #-[ 編集]
いつも携帯から楽しく拝見させて頂いてます。

ただ、携帯からでは黄色がものすごく読みにくいです(T_T)もし良ければ黄色をなにか他の色に変えてもらえたらうれしいです。

勝手なお願い申し訳ありませんm(__)m
2006/10/30(月) 07:09 | URL | みちえ #-[ 編集]
>みちえさん
はじめまして。コメントありがとうございます♪

>携帯からでは黄色がものすごく読みにくいです

盲点でした。携帯からのことはまったく考えておりませんでした(>_<)
次から違う色を使うなどして見やすくするようにしますね
2006/10/31(火) 09:37 | URL | クライスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。