今期はコードギアス~反逆のルルーシュ~に気合い入れてます!! また、Fate/stay night[Realta Nua]を全力で応援しますw
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

久々に「ガンダム」を見せてもらいました。
福田外すとここまでよくなるのか、SEEDの世界はw

ということで、時間あったんでスターゲイザーを見てみました。
C.Eの世界の中で繰り広げられる物語で面白いのは外伝の方ですが、これはアストレイよりも面白いかもしれませんね。少なくとも最近始まったΔアストレイよりは遙かに好みです。

ただ15分は短すぎだな~。

機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER
機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER
西澤晋 大原さやか 小野大輔

関連商品
機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションII それぞれの剣
機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションIII 運命の業火
機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション 砕かれた世界
機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-
GUNDAM EVOLVE../ (ガンダムイボルブ ダブルドットスラッシュ) Ω(オメガ)
by G-Tools


fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

★ユニウスセブン落下の影響
本編ではちょろっとしか触れられていませんでしたが、スターゲイザーでは細かく各地の被害状況などが語られていました。それに呼応するかのように各地で動き始めるパトリック・ザラの残党とおぼしき連中。
こういった側面があるのならば、別にブルーコスモスが煽らなくてもコーディネイターへの憎しみが湧いてくるのは仕方ないことだと思います。

ただ、こういったことって絶対本編でやるべき事ではないでしょうか。総集編入れるんだったらこういうものを入れた方が、流れとして納得できたのですが。ここら辺が監督の力量というものなんでしょうね。

★セレーネとエドモント
今回活躍したのはエドの方でしょう。セレーネを無事にDSSDの研究所まで送る手助けをした後、昔のつてで戦車に乗り込み、町を荒らしているジンを撃退するというもの凄く燃える展開!

キラのように圧倒的な強さで敵を殲滅するというのも悪くはないですが、デスティニーはずっとそれだけでしたからね。こういった泥臭い戦いというのが非常に新鮮に映ります

演出面でも今回は相手となるMSが出てこなかったせいで、一般兵器や人間に対するMSの優位性というものが初めて表現できていました
SEEDの時ですら、こういったものはなかったですからね。設定をしっかり生かしていて感動しました(笑)

セレーネは公式ページの紹介では、落下事件にもまったく興味を示さずただ目的のみを追い求めるってありましたが、今回出番が少なかったせいであまりそういった印象を受けませんでした。確かに、落下事件には一切触れず研究所を目指す方法のみを探していましたが、あの程度の出番では、落下事件に対する反応部分を削っているとも取れてしまいます。せめて一言感想がほしかったところです。
エドの好意をわかっていて、それでいて宇宙の方に興味を示す女。なかなか扱いが難しいですな。美人なのは間違いないですがw

ところでエドって今回でさようならですか? だとしたらあまりにも哀れです。死んだという確定的な演出はなかったと思いますので、種シリーズ好評のご都合主義で最後の方に顔を出してくれればいいと思います

★ファントムペイン
出番少なっ!
多少あった会話から、自分たちがどういった存在なのかよくわかっているみたいです。

ストライクノワール発進場面は素直に格好良かったです。
が、スウェン君はほとんど出番無し。彼らの活躍はまた次の機会でしょう。

★連合
やはりブルーコスモスが関わらないと、まともな人物はいるものです。デスティニーではロード・ジブリールというアホを主眼に置いていたからあんな破綻したものになってしまったのでしょう。やはり連合内にもある程度の状況判断が出来る奴らがいるっていことを示さないと、一方的な見方になってしまいますよね。

さて、1話から非常に面白かったスターゲイザー。これは思いっきり期待できそうです。ただ、主役機なのに無人機かつ戦闘能力無しのスターゲイザーが、一体どんな活躍を見せてくれるのか。
また、スターゲイザーは宇宙にいってしまうのに、地上に残っているスウェン達が一体どうやってセレーネと関わっていくのか。
ここら辺はまだ予想がつきませんね。
早く続きが見たいものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ヤヴァイ
私も見ました。監督が変わるということで期待はしてはいましたが、まさか、ここまでとは・・・種、種運命のほうもスターゲイザーのスタッフで一から作り直してもらいたいぐらいです。 それにしても15分は短いよねw
2006/07/22(土) 04:16 | URL | 灰猫 #-[ 編集]
第2話にも期待
ども、こんにちはです。

多少説明不足な印象も受けましたけど、全体的にスターゲイザーは良い出来だったと思います(説明不足な所も15分番組ということを考えれば納得)
戦闘シーンに関しても『重み』が上手く表現されてたと思いますし、クライストさんの仰るとおりMSの兵器としての優位性が前面に出されてた所も良かったです。
やっぱり監督が変わると同じ作品でも見せ方がグッと上手くなるもんなんですねぇ。
これなら第2話にも十分期待が出来そうですよ。

>また、スターゲイザーは宇宙にいってしまうのに、地上に残っているスウェン達が一体どうやってセレーネと関わっていくのか。

スターゲイザーとファントムペインをどう絡ませるのかは未だに謎ですよね。
やっぱりスウェン達もスターゲイザーを追いかけに宇宙に上がるんでしょうか?
でも追いつかれたらスターゲイザーに勝ち目はなさそうですし・・・。
何にしてもスターゲイザーの「非戦闘用ガンダム」って設定はかなり面白いですよね。
劇中でどんな活躍を見せてくれるか楽しみですよ。
2006/07/22(土) 17:41 | URL | ノイシュ #kPCKmVHg[ 編集]
>灰猫さん
コメントどうもです~

作るコンセプトというか視点が違うため、一概には言えませんが作り的にはスターゲイザースタッフの方が凝ってました。
出来自体もガンダムファンでも満足できるもので、私も満足してます。

種はアレでいいと思っていますが、運命はいくらでも良策に変化させられると思ってますので作り直してほしいですねw
2006/07/22(土) 23:47 | URL | クライスト #-[ 編集]
>ノイシュさん
コメントありがとうございます。

>多少説明不足な印象
まあ15分しかないのでは仕方ないでしょう。しかも3話だけとか。これでストーリーを作るのですから全て触れるのは難しいでしょう。もっとも時間がありすぎても作りづらいものみたいですが。

>やっぱり監督が変わると同じ作品でも見せ方がグッと上手くなるもんなんですねぇ

SEEDって設定としてはかなり面白くなる要素をたくさん含んでますからね。それを生かせばこういったものを簡単に表現できるという事でしょう。ようは設定だけ作って使い切れなかった福田がバカ。
今回はMSの優位性が完璧に表現できていました。バンクばっかつかってないでこういうのを表現していれば評価も違ったでしょうにね。

>やっぱりスウェン達もスターゲイザーを追いかけに宇宙に上がるんでしょうか?

流れとしてはそうなる可能性が高いですが、理由が不明。DSSDは連合にとって敵ではないし、戦闘用ではないMSを追っかけて何の得があるのでしょうか。

スターゲイザーは非戦闘用の無人MS。
非戦闘用といってもヒカリのツバサだけでどうにかなっちゃいそうな気がするのも確かw
展開の予想がつかないので、次が非常に待ち遠しいです。
2006/07/22(土) 23:56 | URL | クライスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。