今期はコードギアス~反逆のルルーシュ~に気合い入れてます!! また、Fate/stay night[Realta Nua]を全力で応援しますw
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

今回はセイバーとアサシンのバトルがメインです。
やはりスピード感に欠けます。これの前に見るアニメが早すぎるBLACK CATということもあって余計不満が残りますね。ストーリー的には問題ないのですが。

今回は小次郎君が非常にかっこよかったです。事前に見ていたのがイカレクリードだったこともあって声の重みに拍車がかかってますよw

士郎はだんだん凛様のおもちゃになってきているような気がするw

Fate/Stay night DVD版
Fate/Stay night DVD版
TYPE MOON 2006-03-29
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

★セイバーVSアサシン
柳桐寺に単身向かったセイバーの前に立ちふさがったアサシンのサーヴァント・佐々木小次郎・・・っておい! キャスターってずいぶん有名なのを門番として使ってますね。
いきなり真名を明かす相手に驚くセイバー。騎士としての礼として名乗り返そうとするセイバーを制止したり、その振る舞いに清廉さを感じます。
なんといいますか・・・佐々木小次郎君、かっこいいです!

アサシン:「それでは・・・果たし合おうぞ、セイバー」

これを合図に戦闘が始まりますが、なんか不満。ああ、絵の切り替わりが遅いんだ。余韻が長すぎるんですよね。多少改善されていたところもありましたが、もっと早くしてもいいと思います。

ちなみに士郎は果し合いが始まった後ようやくセイバーがいないことに気付く。

★アサシン
セイバーとアサシンの戦闘はほとんど互角。クラス的には圧倒的不利と思われたアサシンですが、呼び出されたのは日本の剣豪だけあってセイバーと互角でやりあってますよ。素晴らしいw

アサシンは不可視の剣すら見抜きます。ほとんど打ち合ってもいないのに目測だけで見切るとは・・・
また、アサシンは今までの動きが準備運動に過ぎないということも心得ています。セイバーが剣を鞘に収めていると見切ったことがその証拠。
洞察力だけなら相当なもの持ってますね、こいつ。

少々焦れたアサシンが自分から秘剣を繰り出す。その名は燕返し!
足場を移動して構えた剣から繰り出される秘剣。それはセイバーを吹っ飛ばす! が、どうやらセイバーは避けていた模様。

簡単なことのように燕返しについて語るアサシン。しかしセイバーはそんな簡単なことではないと否定する。
燕返しを放ったとき、アサシンの剣は確かに2本あった。多重次元屈折現象を魔術抜きで現すアサシンに驚愕の色を隠せないセイバー。
本来の燕返しの軌跡は3つ。足場が悪かったために3つめは打てなかったらしい。

アサシンは生前では適わなかった真剣勝負を出来ると知って喜ぶ。それまでは呼び出されたことを呪っていたが、自分の秘剣を十分に使って殺しあえるということに喜んでいたのだ。

★キャスターVSライダー
ライダーが骨の化け物を破壊していく。こちらの方がスピード感あるのはいったいどういうことなのかw このくらいのクオリティで作ってくれれば問題ないのに、セイバーが絡むと突然動きが遅くなるのは何故?

キャスターは詠唱なしでライダーの攻撃を防いだり、攻撃を仕掛けたりしてます。触媒とかも持っていないようですが・・・かなり凄まじい魔術師のようですね。
3騎士ならともかくライダー相手に遅れをとることはないというキャスター。

ライダーはセイバーが剣の封印を解いた隙に乗じて退いてしまった。

★本気のセイバー
ここにきてアサシンの力を認め、剣の封印を解くセイバー。周囲に風を撒き散らして現れるセイバーの剣の刀身。

セイバー:「わが一撃、受けきれるか! アサシンのサーヴァント!」

アサシン:「さながら台風といったところか。だがこの程度のはずがない。その奥にあるもの、見せてもらうぞ! セイバー」

その真剣勝負に割って入ろうとしているやつが2人。
一人は士郎。セイバーが出て行ったのを知り、ようやく辿り着いた男。
台風のような風に苦労してますが、なんとか進んでいます。

もう片方はシルエットだけでしたがたぶんランサー。なんでこいつがここにいるんだ? しかも諜報活動みたいな感じで。

この乱入で興がそがれたか、アサシンは終了を宣言する。
山門を超えるというのなら決着をつけてもよいが、超えないというのならつける必要もない。
それに、セイバーはもはや力尽きていたらしいです。それも見抜いていたアサシンはあっさり霊体になって消えます。

★戦闘終了
セイバーは力尽き倒れる。やはり魔力切れだった模様。
しかし寝顔がカワイイねぇw これは反則だよw

セイバーをおぶって家までつき、一休みした後部屋に運ぼうとしたところ・・・現れたのは凛様です! しかも小悪魔モードに入ってますw
士郎をからかうことを明らかに楽しんでますね。そうじゃなかったら凛様らしくないけどw

ちなみにティーセットも準備済み。衛宮邸の主となる日も近いか、こりゃ・・・

★セイバーの言い分、士郎の言い分
サーヴァントが戦うのは当然のこと。マスターは何故戦うなというのか?
当然の疑問ですね。まあ、相手が傷つくくらいだったら自分が戦うって意見も時には正しいと思いますが、正直士郎はそれに固執しすぎです
なんかセイバーに意見を押し付けているようにしか現段階では見えません。
口から出たのが「女の子が傷つくのはだめだ。そんなの男として見過ごせない」って・・・
どこか外れていませんかねぇ。

士郎はサーヴァントをなめているのか?
これは凛もいっていたとおり舐めてはいないでしょう。なにしろサーヴァントに殺されかけたこと数度。これで勝てると思っていたら単なる大馬鹿野郎です。そうでなくとも大馬鹿ですか?

士郎が戦うのならば、自分の鍛錬を受けろ。セイバーはそう要求します。もっとも鍛錬というよりはやばい場面に追い込んで直感を磨くとかそういった類の模様。

本当に凛に

「まあ決まった以上は潔く死になさい。死に水はとってあげるから」
にならなければよいですね。なったらなったでそれは面白いかもしれませんが、ここで主人公を殺しても仕方ないし、少々のダメージなら士郎はすぐ回復しちゃうからそれほど気にする必要もないか。

★次週「穏やかな幕間」

イリヤちゃん再登場w
今回は公園で士郎に甘えまくるようです。
慎二が学校の屋上で凛様に何か言ってぶん殴られる模様。
セイバー裸体をさらして士郎逃げ出す!
アーチャー出てきて皮肉を言うのかなw
藤ねえと桜がいることといい、サブタイといいどうやらまた日常パートの模様。
何が楽しみかってイリヤちゃんが出てくることに決まってますw

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ゲームと同じですね、小次郎♪
セイバーに堂々と名乗る所、潔いです♪自分は彼が大好きです!ええ、とっても♪一対一ならトップクラスですから。

燕返しですけど、魔術ではなく魔法の域だったりします。セイバーは驚くだけですが、凛だったらまずぶち切れます。努力だけで魔法の域に辿り着いてしまったんですから…。彼がアサシンのサーヴァントにはちょっとした理由がありますが、ネタバレなのでパスします。

キャスターは街で魔力を奪い、おまけに自分の陣地で戦ってますから強いですよー♪魔術に関しては凛は赤子同然です、彼女にかかれは。ライダーも決して弱くはないんですけど、マスターが慎二ではどうにも…(汗

士郎は不器用な子なんですよ…。他の魔術師のように「サーヴァントは使い魔みたいなもの」と割り切れず「サーヴァントでも女の子」として見てますから…。士郎の固執は過去のトラウマ(?)が原因です。これはきっと、後半くらいで明らかにされると思うのでお楽しみに!

イリヤが出るんですか。良かったですね、クライストさん♪メイドが出れば満足な自分…。本当に無邪気な子ですから、彼女。ではー。
2006/03/04(土) 11:41 | URL | ウエスト #a8N0vP3U[ 編集]
アサシンかっこいい!
クライストさん、こんにちは。

小次郎君カッコよかったっすねぇ~!!
まさに武士道精神の塊と言いますか、あのカッコよさには惚れ惚れとしてしまいました。
セイバーに全く遅れを取らない剣技も見事だったと思います。
でも何でこれで「セイバー」にカテゴライズされないんでしょ?(笑)

>イリヤちゃん再登場w

次回はイリヤのための回になりそうですね。
僕は凛好きなので、これによって出番が減らないかビクビクしております(笑)
2006/03/04(土) 18:41 | URL | ノイシュ #kPCKmVHg[ 編集]
>ウエストさん
コメントありがとうございます

小次郎はどこか潔くて非常に好感が持てます。真名をあっさり名乗ってしまうところとか、セイバー相手に余裕を残した対応をするとか、かなりかっこいいですね。私も即気に入りましたよw

>セイバーは驚くだけですが、凛だったらまずぶち切れます。努力だけで魔法の域に辿り着いてしまったんですから…。
いやああれは凄かったですねぇ。英霊でさえ驚かすアサシンの技。人間には到底届かないものです。それを努力だけで成し遂げるとは・・・
凛様は爆発しそうですねw

>士郎は不器用な子なんですよ…。他の魔術師のように「サーヴァントは使い魔みたいなもの」と割り切れず「サーヴァントでも女の子」として見てますから…。
ああ、それはいいんですよ。ただあまりにもセイバーの意思を無視しすぎているからちょっとおかしいんじゃないかと思った次第です。

>イリヤが出るんですか。良かったですね、クライストさん♪
はいっ! 来週が非常に楽しみでありますw
2006/03/04(土) 23:09 | URL | クライスト #-[ 編集]
>ノイシュさん
コメントありがとうございます

>小次郎君カッコよかったっすねぇ~!!
まさに武士道精神の塊と言いますか、あのカッコよさには惚れ惚れとしてしまいました。

確かにあの立ち振る舞いには感心してしまいました。小次郎君最高でしたw
日本の剣豪はこうでなくてはいけませんよねw

>セイバーに全く遅れを取らない剣技も見事だったと思います。
でも何でこれで「セイバー」にカテゴライズされないんでしょ?(笑)
セイバーがそれより強いってことでしょう。でも小次郎がアサシンというのは頂けませんね。クラス的にあってません。

>僕は凛好きなので、これによって出番が減らないかビクビクしております(笑)
私も凛もイリヤも大好きです。ただ凛はここのところずっと出番多いからたまにはイリヤに出番かしてもよいでしょう。
2006/03/04(土) 23:16 | URL | クライスト #-[ 編集]
>こちらの方がスピード感あるのはいったいどういうことなのかw
 プロモーション用に作られたからだと思われます(爆
プロモーションDVDにそのシーンがあったので・・w

>セイバーの鍛錬
 原作では鍛錬シーンのあとあたりから戦闘判断がよくなるので、期待したいところですね・・・w

>何が楽しみかってイリヤちゃんが出てくることに決まってますw
 自分もイリヤ大好きなので激しく楽しみです。
士郎とイリヤの邂逅は、セイバールートの流れを汲むか、桜ルートの流れを汲むかでイリヤの立ち位地とか印象がだいぶ代わるはずなので、そのあたり気になります。

 さて、次々回あたりから本格的にルートごとのストーリーががらっとかわるところに差し掛かっているので、どうなることやら・・・詰め込み方次第ではぼちぼち展開が加速しないと間に合わないと思います。

 全くの余談ですが、前回(8話)、凛様の机の上にネコミミバンドが置いてあったそうですね・・w
凛様がファンディスクで魔法少女化した時につけてたやつっぽいですが・・・・もうこうなったらいっそアニメでも魔法少女に・・!(無理
2006/03/04(土) 23:37 | URL | Furfur #w0.sSIz2[ 編集]
>凛様は爆発しそうですねw
 まったくその通りですねw 凛様が目指してる魔法が今回 小次郎の使った第二魔法ですからねw(厳密には少し違いますが)

>でも何でこれで「セイバー」にカテゴライズされないんでしょ?(笑)
 これには、ちゃんとわけがあります。 理由はキャスターに召喚されたからです。サーヴァントがサーヴァントを呼び出すのは御法度なので、アサシンという全くあっていないクラスになってしまいました。クライストさんもおっしゃる通り、小次郎は、正規の召喚なら十分にセイバーとしての資質はもっているかと思います。

>もう片方はシルエットだけでしたがたぶんランサー
どうやら盗み見していた戯け(笑)はランサーの兄貴だったようです。 これは原作のほうでは明らかにされてなかったので見てて嬉しかったですね~w。

>イリヤちゃん再登場w
イリヤ好きな私としてはとっても嬉しい次回w
でも、こういうの見る度に「なんで原作にはイリヤルートがないんだ・・・orz」と凹んでしまいます。 入れる予定はあったらしいのですが、時間的な問題でNGになったらしいですよ。さらに加えて、キャスタールートとライダールートもあったという・・・・・。

2006/03/05(日) 03:26 | URL | 灰猫 #-[ 編集]
>Furfurさん
コメントありがとうございます

>プロモーション用に作られたからだと思われます(爆

使い回しでしたか…本編よりプロモーションに力入れていたとは・・・

>原作では鍛錬シーンのあとあたりから戦闘判断がよくなるので、期待したいところですね・・・
そんなにすぐに修行の成果が出るとは思えませんが、もしそうなら期待しましょう。

>士郎とイリヤの邂逅は、セイバールートの流れを汲むか、桜ルートの流れを汲むかでイリヤの立ち位地とか印象がだいぶ代わるはずなので、そのあたり気になります
イリヤちゃんには最後までいてほしいですから、どうなるか私も気になります。どうなるんだろ?

>全くの余談ですが、前回(8話)、凛様の机の上にネコミミバンドが置いてあったそうですね・・w
ありました。確認しました。ファンディスクに出てきたものならば、遊び心ですかねw

2006/03/05(日) 07:27 | URL | クライスト #-[ 編集]
>灰猫さん
コメントありがとうございます

>これは原作のほうでは明らかにされてなかったので見てて嬉しかったですね~w。

あれ、そうなのですか。ランサーって戦闘だけじゃなく陰に隠れてコソコソやってたんですねぇ

>イリヤ好きな私としてはとっても嬉しい次回w
でも、こういうの見る度に「なんで原作にはイリヤルートがないんだ・・・orz」と凹んでしまいます。
イリヤルートほしかったですね。PS2版に追加されていればいいなぁって思います

2006/03/05(日) 07:34 | URL | クライスト #-[ 編集]
小次郎登場!
いや、小次郎は二番目に好きなキャラなのでゾクゾクしました。ヒロイン補正(登場頻度)の為、セイバーには敵いませんが。

ライダーのシーン、原作には無かったので考察のしどころですね。
たしかセイバーとキャスターが前回「山門以外から侵入すると能力が低下する」と言っていましたから、今回は偵察かな?
来週、凛に話しかけていたから取引材料にするつもりなのかもしれませんね。

燕返しは凛が理論を『聞いたら』絶対爆発しますね、肉眼では見られたもんじゃないですから。

蛇足ですが…灰猫さーん!そのネタアウト!アウト!
2006/03/05(日) 11:57 | URL | フィアンセ #V/VC4dN6[ 編集]
>凛様が目指してる魔法が今回 小次郎の使った第二魔法ですからねw(厳密には少し違いますが)

あれれ? これアウトですか。これくらいならいいかな~と思ったのですが、すみません~ クライストさん。

2006/03/05(日) 16:55 | URL | 灰猫 #-[ 編集]
>灰猫さん
>あれれ? これアウトですか。

それはまあセーフでいいと思います
問題はその次で・・・

これも蛇足ですが、小次郎にセイバーの資格はないと思います。
筋力が低すぎますし、他にも…(ネタバレ)←灰猫さんが説明してくださったのはここですね。
2006/03/05(日) 20:37 | URL | フィアンセ #V/VC4dN6[ 編集]
>小次郎にセイバーの資格はないと思います
調べてみたところフィアンセさんのおっしゃるとおりでした。セイバーに選ばれるために必要な条件は“魔力”以外の能力値が最高ランクであること。つまり耐久やら筋力の低い小次郎はセイバーにはなれませんね・・。度々すみません。

>他にも…(ネタバレ)←灰猫さんが説明してくださったのはここですね。

そっちですか・・・いや ホント ごめんなさい。
2006/03/05(日) 20:58 | URL | 灰猫 #-[ 編集]
>フィアンセさん
コメントありがとうございます

ライダーは何しにいったんでしょう。倒しに行ったとは思えませんよね。あっさりしすぎているし、セイバー動いたのを確認してから潜入しているように見えますし。
やはり偵察ですかね。だとしてもちょっとあっさりしすぎているような気がします。

燕返し…剣技だけで成立させるなんてありえない類のもの。皆さんがそうおっしゃるんでしたら、凛に聞かせて反応を見てみたいですね。
2006/03/05(日) 23:19 | URL | クライスト #-[ 編集]
>灰猫さん
あ、ネタバレに関してはやばそうと判断したものはスルーすることにしました。
反応しませんのでご了承ください。

どうも私が反応することで話が大きくなっていく傾向が強いので。
2006/03/05(日) 23:21 | URL | クライスト #-[ 編集]
>佐々木小次郎
色んなブログを見た感じやたら評判いいけど、ぶっちゃけ、小次郎って実在の人物なの? ゲームでの小次郎の心理描写で、己が真に存在したのか創作の人物か定かでないみたいなことを言っていたわけで、史実をちょっくら調べても、生年月日不詳、出身なども、ほとんどが、~らしいと推測のオンパレード、書物での登場も武蔵ので弟子が製作の二天記(うろ覚えです)に登場、中条流の師とされる人物(名前忘れた)の弟子なら巌流島での決闘時は50歳を超えてたとか、平均身長150程度の社会で、あの馬鹿長い刀を普通に使いこなすには専門家曰く、二メートル以上の身長と強靭な筋力が必要とか、その上、クソ目立つ陣羽織を着ていたではマジで武蔵の弟子が創作したライバルでも仕方ない気が……て、駄文ですみません。
2006/03/06(月) 21:57 | URL | こじこじ #-[ 編集]
>こじこじさん
コメントありがとうございます

>ぶっちゃけ、小次郎って実在の人物なの?
確かに有名ではありますが、なかなか疑わしい人物ではあります。歴史上捏造された存在って言うのは結構事欠きませんし、別に彼がいなかったって言われても頷いてしまうでしょう。
ただ、そんなことはどうでもいいんです! だってアニメだもん(笑)
これは別に史実を元にして作っているわけではないのですから、あまり気にしていちゃ始まりませんね。
ただ、彼はかっこよかった。それだけで十分です(笑)
2006/03/06(月) 22:09 | URL | クライスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。