今期はコードギアス~反逆のルルーシュ~に気合い入れてます!! また、Fate/stay night[Realta Nua]を全力で応援しますw
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

クロノ・ナンバーズ始動。
掃除屋同盟は一回崩壊後、事件を経て再び結成。

シャオリーはどこか人を逆なでする言い方してます。まあそこが好きなんですがw
 
展開的にティアーユの出番はなさそう。レールガンは最後に発現するかもしれないけどラストまで出てくる可能性は低い。マジモードのシキ戦で出なけりゃたぶんラストに持越しでしょう。出ない可能性もかなりある。まあ出なけりゃ出ないで、通常状態でクリード倒せばかなりポイント高いですが。
BLACK CAT Vol.4BLACK CAT Vol.4


by G-Tools


fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

★クロノ・ナンバーズ
ナンバーズ同士で戦闘訓練。
バルドル・クランツ・ジェノス・ベルゼーの原作キャラとカード使いと弓使いがいました(いたか?)
モニターで見守るジジイと瞑想中のセフィリア姉さんも登場して久しぶりに動き出すようです。何人生き残れるかな・・・

★シャオリー
やっぱり正体を見抜いたのはトレインでした。でもなんの違和感も感じているそぶりを見せなかったのはちと残念。

変装術の達人なだけあってものすごく変わるのが早いです。でも顔はともかく服まで一瞬で変わるのはどうだろうか・・・というかこの辺説明してないな。
ナンバーⅩなんで1クールにいたアッシュの後釜ですね。

考え方にかなりの偏見が見受けられます。掃除屋を単なる野蛮人とさげすんだり、自分たちのやっていることを完全に正しいことと思っていたり。どうやらバルドル達と同じようにクロノスで純粋に育てられたようです。
原作では掃除屋たち(トレイン除く)に正体ばれてませんからかもしれませんが、巻き込んだことに責任は持っていたようですが、今回は単純に利用しようとしか思っていなかった模様。

イレイザー時代のトレインに憧れていたという設定にはびっくり!
クロノスのやっている事の大儀を疑っていない所から見ても、クロノス内部で育てられたのは間違いないな。

ナンバーズという事でさすがに実力は折り紙つきです。
トレインと並んで戦えるっていう時点でかなりすごいw

今回の1件とトレインとの会話で少しは世界が広がったようなので、まだまだこれからの人材です。原作では索敵とか潜入任務とかに異常な才能を発揮してましたが、そういった面が見られないのは残念。

★リバー
顔は同じだけど中身は別人って感じがひしひしとするリバー君。
おちゃめすぎる個性が強調されすぎて、原作であれほど目立った戦闘能力が発揮されてません。
女の子を助けたり、願いを聞き届けてあげる優しい一面を見せましたが、やはりいまだギャグ担当の哀れなキャラですw まあこれからでしょうね

★星の使徒
シャルデンとキョウコの離脱はあったものの基本的に上層部は原作よりまとまってます。
たぶんクリードがシキにもナノテクを伝えていたからでしょう。
シキが監視しているのはクロノ・ナンバーズで間違いないと思います。

クリードが受けているのはどうせ不老不死の処置でしょう。まあそんなこと不可能ですが。

★ドクター
イカレ具合に拍車がかかってます。思わず個別コーナーを用意してしまいましたw
あの笑い方は何ですか。完全にいかれたマッドサイエンティストですよ! ああいう肩を動かす笑い方をダンタリオン教授にやってほしかったw

「ふはははぁぁっ! 笑いが、笑いが止まらないなぁっ。何故かって?
掃除屋どもが僕の作り出した兵器の餌食になってくれるからさぁっ!
ナノテクと道の融合した生態兵器のねぇっ!」
 

なんか原作より狂人となっちゃってますが・・・

ナノテクと道の融合した兵器・・・どうみてもカエルのお化けにしか見えませんw さすがドクター。趣味ワルッ(笑)

★トレイン
クリードへの決着は自分でつけるっていうのが今のトレインの意志ですね。クロノスには邪魔されたくないって本音なんでしょう。
今の生き方は自分で選んだものだから文句をいわれる筋合いはない。
ここに来てようやく心境が落ち着いてきたようです。

★ラスト
出航した掃除屋同盟の船にゲートを開いたエキドナが現れる。
トレインに不意打ちで発砲するも簡単にかわされる。やっぱりエキドナはまともにやったら誰にも勝てませんね。ただゲートの能力はかなり有益で、爆弾を落として自分だけ逃げるっていうのも簡単に出来ます。
今回それをやられ、海上なので逃げ場もない。
さて、どうなる掃除屋同盟! リンスとウドニーは居残りですw

トレインとシャオリーは問題ないでしょう。スヴェンとイヴもまあ大丈夫。他の連中はどうなるのかな。ダメージ負ったまま戦闘に入るとかそのまま死ぬとか・・・けっこうありそうです

★次週「疾走する猫」
リオン襲来。イヴが応戦してますが・・・なんかすごい事になってますw
ナンバーズも来てますね。セフィリア・バルドル確認。マロが応戦してますが・・・マロじゃ駄目だろw
予告してるのはリバー君。さて、彼は道使いの相手がいるのでしょうか。生態兵器しか相手がいないような気が・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ほむり。
何だか原作通りにアニメ化してもらいたかったです;
オリジナルストーリーはまぁ、面白いといえば面白いのですが、何かこうイマイチぱっとしないのですよね。
電磁銃も出なさそうですねw
支配眼も…;;
26話で終わらせるのは辛いものがありますねぇ。
原作通りなら、深夜に放送せず夕方放送になったのかもしれませんね。(ぇ
4クールはいけますから;
少し心残りの黒猫になりそうでやんす!(T▽T)
2006/02/17(金) 23:20 | URL | 無限 #OIqHPfck[ 編集]
>無限さん
コメントありがとうございます

期待していたティアーユ関連が完全にスルーされそうなのは痛いです。そういやスヴェン印の特殊弾も全然出ていないですね。
原作とはかなり違っちゃってきてるので、オリジナル好きにはちと違和感があります。

>原作通りなら、深夜に放送せず夕方放送になったのかもしれませんね。(ぇ
4クールはいけますから
というか6時にやってるグロアニメと交換してほしかった・・・
2006/02/18(土) 00:08 | URL | クライスト #-[ 編集]
星の使途の氷使いやサルは出ないんでしょう?
2006/02/18(土) 10:41 | URL | ,,, #-[ 編集]
最後にかを付け忘れました
2006/02/18(土) 10:45 | URL | ,,, #-[ 編集]
>,,,さん
コメントありがとうございます

>星の使途の氷使いやサルは出ないんでしょう?
今は分かりませんね。原作でもサルはともかく氷君は唐突でしたから。
さすがにあれだけっていうのは寂しいと思うのですがねぇ・・・
2006/02/18(土) 11:07 | URL | クライスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。