今期はコードギアス~反逆のルルーシュ~に気合い入れてます!! また、Fate/stay night[Realta Nua]を全力で応援しますw
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

なんか怪しい雲行きになってきましたね。
なのはサイドもヴォルケンリッター達もしらない仮面の男。いったいどういうやつなのか・・・

そんな中、またもやアイキャッチが素晴らしい!
ヴィータサンタさんとザフィーラトナカイがもう最高(笑)

魔法少女リリカルなのはA’s SOUND STAGE 01
B000BKJHNUドラマ 田村ゆかり 水樹奈々

キングレコード 2005-11-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
魔法少女リリカルなのはA’s SOUND STAGE 02
魔法少女リリカルなのは Sound Stage 03
魔法少女リリカルなのは サウンドステージ02
魔法少女リリカルなのは オリジナルサウンドトラック
魔法少女リリカルなのは Sound Stage 01


fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

★管理局の会議
フェイトはとりあえず無事。よかったぁ(^^ なのはと同じ症状みたいですね。リンカーコアをとられて闇の書のページはまた増えたんですね。なのはの時は20ページくらいって言ってたから今回もそれくらいかな。

ヴォルケンリッターはともかくとしても、あの仮面男にはかなり疑問が残りますね。時空管理局のシステムがダウンしたために仮面男を察知できなかったわけですが、管理局のセキュリティをまったく気づかれずにダウンさせるなんて真似をしでかした仮面はかなり巧妙な技術を持っているのか・・・あるいは管理局のデータを知り尽くしているのか・・・
こうなると他サイト様が言っていた「クロノの父親」という線が高まった気がします。
エイミィをみんなで慰めてますが、誰か一人ぐらい「お前の責任だ」って言ってやったほうがいいと思いますがね。その後でみんなで慰めたほうがよかったです。なんか、馴れ合いみたいに見えました。

★ヴォルケンリッターの不安
ヴォルケンリッターも仮面男の目的が分かっていないようです。闇の書を収集すればその主は絶大な力を有する。そしてそれは主以外には使えない・・・はずなのですが。
彼らは何か重要な点を見逃しているのかもしれません。はやてが幸せになれるのか・・・ヴィータはそれを心配します
まあはやてが喜ぶとは思いませんが、それを承知でやっているんですからその点はいいでしょう。闇の書には守護騎士には知らされていない一面があるかもしれません。

その時、はやてが倒れます。闇の書が原因ですが、すぐに納まってほっとする一同。今回は本当に何も無かったようです。
うーん、闇の書がはやての体に悪影響を与えているのは間違いないでしょう。今のはやての力では完成した闇の書の力に耐え切れ無いと思うんですがねぇ。

★フェイトちゃんラブリ~
フェイトちゃんはなんか嬉しそうですね。やっぱり愛されたい年頃ですからねぇ(^^ 表情がやわらかくなっていい感じです
リンディさんやっぱりいいなぁ~。味覚はいかれてますが親としてはいい人ですね(笑)

★闇の書の調査を行うユーノ君の現状報告
ようやくフェレット君から卒業しました(笑)
今分かっていることをクロノ達に報告するユーノ君
・「闇の書」とは本来の名前ではない

・本来の目的は各地の偉大な魔道士の技術を収集して研究するために作られた主と共に旅する魔道書

・歴代の持ち主の誰かがプログラムを改変したため破壊の力をふるうようになった

・プログラム改変の影響で、旅する機能と自動修復機能が暴走して、転生と無限再生が起こるようになった

一定期間収集がないと持ち主の魔力資質を侵食し始め、完成したら持ち主の魔力を破壊のために際限なく使わせる。よって主はすぐに死ぬ

闇の書の真の主で無い限りプログラムの改変や停止が出来ないため、完成前の停止は非常に難しい。無理に外部から止めようとすると主を吸収して転生してしまう機能まで付いている。そのため、永久封印は不可能といわれている

これがマジなら闇の書の主になった時点ではやてはかなりやばい状態なんですね。ページを収集しなくても、闇の書を完成させても結果的にはやては苦しむんですね。ヴォルケンリッターは今まで主の心配を自発的にしたことが無いからこのことに気づいていないんでしょう。
はやての為になると思いやってることが、実は苦しませている。ヴィータちゃんとか見ると悲しくなってきますよ(ToT)

★すずか達のお見舞い
はやてが入院したことを聞いて心配するすずかは、なのは達にお見舞いに行こうと誘い、シャマルに連絡を取ります。
そこでようやくシャマルは気づくんですねぇ。管理局の敵が近くにいてもうすぐはやてと会うことに。

はやての魔法資質は闇の書の中だから、詳しい検査を受けない限り気づかれることは無い。だから後はヴォルケンリッターの顔を見られないことと、知っている人間に口止めをしておけばばれることはないとシグナムは言う。ま、実際そのとおりなんですが。

今回は無事にお見舞いも終わり正体もばれずみんなハッピーでした。はやてとすずか達の交流は年相応の子供達のふれあいでいい感じでした。まあアリサとフェイトが見分けづらいですが。
でも、ヴィータあたりがいずれヘマしそうな気が・・・ヴィータが一番純粋ですからからねぇ。今回のセリフも泣きそうになりましたよ(ToT)

シャマルと石田先生のやり取りとか、本当に優しくていい感じです。
でも、闇の書の侵食率が上がっているのではやてがかなり危険な状態になってますね。なんか、このままいくとクリスマスに完成するような気がします。さて、どうなることやら・・・

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。