今期はコードギアス~反逆のルルーシュ~に気合い入れてます!! また、Fate/stay night[Realta Nua]を全力で応援しますw
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

セレーナ編は今のところ35話までクリアして、新型機も手に入れました。

ところでシナリオチャートを見ていたら、知らないシナリオがあったのでやってみることにします。
これはその簡単なレビューです。

攻略自体はする必要ないほど簡単なので省略します。

初めの方に後2つありました。まだまだ出てくるでしょう。
時々チェックしてみると面白いかも知れませんよ(^^


fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

エクストラ3勝利への誓い
リュウセイ復活を描いた話。
SRXで敗北し、アヤを失ってからリュウセイは悪夢と死への恐れ、そして念動力の喪失に対する恐怖からまともな生活を送れないでいた。

屋上でたたずむリュウセイに話しかけるマイ。そこに襲い掛かってくる敵機。マイは戦いに行くが、リュウセイは怖くて動けない。

ヴィレッタとマイで迎撃に出るが、多勢に無勢で基地を守りきれない。ライはリュウセイのところにいき、義手で顔を殴る。出れないならそこで震えていろと吐き捨て、格納庫に行くライを見て、アヤの言葉を思い出し、必死に戦っているマイとヴィレッタを見て、ようやくリュウセイは決意を固める。そして格納庫に現れ、アルブレード・カスタムで出撃するのだった。

しかし、アルブレードはまだOSの調整中でまともに動ける状態じゃなかった。
とっさに敵から庇ったヴィレッタは
「逃げなさい。私はもう部下を失いたくない・・・」
と言う。
そこにライが駆けつけ、アルブレードのコクピットに入りSRX合体時の呼吸で互いの仕事を分担して、見事に敵を倒す
仕事を終えた面々は基地に戻るのだった。

基地ではヴィレッタが自分の正体を明かしていた。
ヴィレッタはイングラムと似て非なる存在、そして代行者。
目的は、イングラムの指示に従いこの世界の因果律をゆがめる存在を倒すこと。
そのためにイングラムの跡を継ぎ、SRXチームの隊長になった。
ヴィレッタの目的と正体が明かされたことに満足するライ。

そこにアルブレードの調整を終えたリュウセイがやってくる。
そしてアルタードの仕様変更のため、伊豆基地にいくことになった。
こんどこそ、敵の好きなようにはさせないと硬く決意するリュウセイだった。


エクストラ4 駆け抜ける竜巻
雷光切りのエフェクトが変わってますね。

テスラ研にやってくるゼンガーとレーツェル。目的はダブルGのメンテナンスだった。そこで昔話に興じるオオミヤ博士を含めた3人。
今の地球圏はビアン総帥の遺産が守ってくれている一面もあるのだ。

そこにやってくる帝国監察軍。
ゼンガーは一機で戦いに出るのだった。

一人で果敢に戦うゼンガーだが、敵の増援がきてしまう。まずい状況かと思ったが、そこにテスラ研に向かっていたSRXチームが到着する。
アルブレードが動いているのを見て、リュウセイの復活を感じるオオミヤ博士。
これで大丈夫かと思ったが、波状攻撃をかけてきている以上第3波が来る可能性もあるとして、整備を急がせるレーツェル。

やはり敵の第3波がやってくる。その中にゴラー・ゴレム隊の機体を見つける。

その頃ライはテスラ研で使える機体を探していた。
オオミヤ博士に聞いているときに、黒いヒュッケバインを見つける。そこに記されていた見慣れた紋章。それは・・・

そこで出てくるレーツェル。彼はライの兄、エルザムだった。話もそこそこにヒュッケバインをライに託すレーツェル。

防戦一歩になりながらもリュウセイ達は敵を倒し続ける。過去の傷を振り切りヒュッケバインに乗ったライも加わり、さらに敵を倒し続ける。
そこに強力な思念が振ってくる。マイが感じる強力な念動力の持ち主。それは、イルイ・ガンエデンだった。
ゴラー・ゴレム隊がイルイを捕獲しようとする。ゼンガー達も近づこうとするが、弾幕に阻まれ思うように接近できない。

リュウセイが決死の覚悟で突入しようとした時、ひとつの声がそれを制止する。
それはダブルG「アウセンザイター」に乗ったレーツェルだった。
凄まじいスピードで敵に接近するレーツェル。
そしてレーツェルとゼンガーの合体攻撃が炸裂する!!

イルイは何故テスラ研に現れたのか・・・
その疑問にイルイは「ナシムの子よ・・・東京に向かえ」
と言いのこしその場から消える。

その言葉どおり東京に向かうことにするヴィレッタ。
イルイはその強力なサイコドライバーとしての力ゆえに、人造神ガンエデンに取り込まれてしまった。
そしてその力ゆえに帝国監察軍からも狙われている。

リュウセイはヴィレッタ、ゼンガー、レーツェルと一緒に東京へ向かうことになった。
ライとマイはアルタードのOSを書き換え、月のマオ本社に上がって本体の整備をすることになった。
ライはリュウセイに、念動力はなくなっていないと告げる。そして俺がいない間に力を取り戻せと・・・
今は互いに出来ることをするだけだ。
それぞれの道はまた交わるのだから・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。