今期はコードギアス~反逆のルルーシュ~に気合い入れてます!! また、Fate/stay night[Realta Nua]を全力で応援しますw
 
全力応援します!
Fate/stay night [Realta Nua] 応援バナー コードギアス 反逆のルルーシュ 1 ラーゼフォン DVD-BOX スーパーロボット大戦OG オリジナルジェネレーションズ 特典 オフィシャルパーフェクトファイル付き

どれも名作です。いや、神作です。何も言わずに買うべし。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

34話

デュランダルは、全世界に対して地球連合、そしてブルーコスモスの背後に潜むロゴスの存在を暴露。同時に議会を動かし、それに対する全面攻撃を宣言した。寝耳に水の状況に困惑していたミネルバには、さらにアークエンジェル追撃の密命が下る。そして、怨敵フリーダムを討ち果たすべく、レイとのシミュレーションに余念がないシンであった…。

35話

 激闘の末、シンはついにフリーダムを討ち果たした。海中に沈んだキラは、辛くもカガリによって救出されるが、フリーダムは大破。アークエンジェルも損傷著しく戦闘不能となり、オーブへの脱出を余儀なくされる。一方、ミネルバでは強敵を倒したシンは賞賛を浴びるも、心中複雑なアスランは、彼に言いがかりとも思える激情をぶつける。そして、世界各地ではデュランダルの演説に呼応し、打倒ロゴスの機運が高まり始めていた



やはり、キラ好きにはきつい展開が待っていそうです。まあ、どうせキラの甘さを利用しつつ、インパルスの特性を最大限に利用してようやく勝つんでしょうからそれほど落ち込みはしないでしょうが、やはりシンの勝ち誇った顔を見るとなると嫌ですね
別にキラが負けるのが嫌なんじゃなくて、逆恨みで自分のしたことを振り返りもしないシンが嫌なのです。つーか、ほんとに感情移入が出来ませんね、シンには。怨敵って何ですか、怨敵って・・・
ああなったのはシンがステラを連合に戻したからでしょうに・・・

アスランは脱走するときにインフィニットジャスティスを持ち出すのでしょうか。だとしたらその時シンの奴をぼこぼこにしてほしいものです、まあ無理でしょうが。しかし助けに来るのがキラだとしたら・・・可能性はあります。

デュランダルはようやく動き出すようです。議会を動かすということは自分から命令するのでしょう。はっきりいって今のデュランダルは優秀な政治家ではなく優秀な扇動者(アジテーター)に見えます。

「初めから正しい道を・・・」29話でのデュランダルの言葉ですが、ひょっとしてデュランダルがやろうとしていることってジブリールとほとんど同じなのでしょうか。目的が、ではなく方法がなんとなく似ているような気がします。邪魔者を消して平らな道にブロックを積み上げていくように自分の思ったとおりの世界にしていく。そんな気がします。ただ、デュランダルとジブリールでは役者が違いすぎるのでしょう


人気blogランキングへ





fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

スポンサーサイト
ちょっとブログ徘徊していたら<種の証さま>のところで、
男脳女脳診断というのを見つけました。
少しやってみたので結果を残しておくとします。

結果のコピペ

あなたのポイントは 20ポイントです。 (男脳度数:60%/女脳度数:40%)
ポイントは、100~100ポイントで計算され、マイナスが大きいほど、男性脳で、それに対し、プラスが大きいほど、女性脳となります。

中性的男性脳
あなたは、標準的な男性脳の持ち主ですが、同時に女性的な面も、いくらか持ち合わせています。どちらかというと何かに挑戦するのが好きで、空間能力や論理的な考え方を使う分野で力を発揮できます。比較的に人との対話を重視し、仕事面ではチームの取りまとめをすることに適しています、努力次第で、女性的な考え方や感情なども得られます。


適当にやってみただけなのですが・・・それなりにあたってるところがあるのが怖いです。
当たっていてほしいところもありますが・・・この結果は自分にあっているので、こういう風に生きていけたらなぁと思いました

人気blogランキングへ

fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

ガンダムAを読もう

馬鹿の戯言です。気にしないでください。

さて、皆さんは機動戦士ガンダムSEEDアストレイ、または機動戦士ガンダムSEED DESTINY アストレイ
をご存知ですか?
もし知らなかったとしたら今すぐ読みましょう。買う金がもったいないという方は古本屋に走ってください。

アストレイは種シリーズの公式外伝としてSEEDとともに始まりました。初めのころは見ていなかったのですが、種が20話を越えるあたりから中だるみしてきたので、試しに呼んでみたのですが・・・
これが面白い!


途中から読んだことを後悔しました。本編よりずっと面白いです(かなり問題)。キャラ好きでもストーリー重視でも楽しめます。アストレイ独自のラスボスとかがいて結構燃えます。つーか、モビルスーツに対する興味がわいてきました。設定がしっかりしててそれを生かしきってます。キャラも興味深いのが多いです。主人公のロウや劾、傭兵団サーペントテールのメンバーたちやジャンク屋仲間たちもいいです。オーブのアストレイパイロット3人娘なんかも出てきます。本編ではあっけなくいきましたが、その前の絡みとかが良く書かれています。これを見てから本編を見るから悲しみが倍増するのでしょう。

さて、後悔した理由はもう一つあります。なんと話がつながっているために、本編の疑問をこちらで解決している場合があるのです(非常に問題)
ストーリー重視派は読まなければなりません。

例を挙げましょう
SEED本編7話のラストでラクスがアークエンジェルに救助される場面がありますね。キラとラクスが運命の出会いを果たしたわけですが、その前に何故ラクスがあんなところを漂っていたか気になりませんか?8話で少し語られていますが、ラクスはシルバーウインドで視察中に地球軍が難癖つけて船を撃墜しようとしました。そこを助けたのが、なんとアストレイ主人公の片割れ「ロウ・ギュール」です。あそこにロウがいなかったら、ラクスは死んでいたかもしれません・・・こえ~

SEED本編30話「閃光の刻」。キラとアスランが死闘を繰り広げイージスが爆散して終わる話です。その後オーブの調査隊が来たころストライクのコクピットはもぬけの殻でした。さて、キラはいったいどこに行ったのでしょう?
そこにまたまたロウの登場です。実はこのとき戦場の近くにレッドフレームのフライトシステムのテストをしていたロウがいました。ロウはイージスの自爆の後ストライクのコクピットからキラを引っ張り出してマルキオ導師の元に連れて行きました。その後、マルキオがプラントに行く用事のついでにキラをクライン邸に極秘で連れ込んだのです。ちなみに、ロウがキラをコクピットから出さなかったら、徐々に蒸し焼きになっていたそうです・・・こえ~

アンドリュー・バルトフェルドの復活に疑問の声を上げたことはありませんか?私はご都合主義の極みだと思い呆れましたが・・・
この復活劇もちゃんとアストレイでフォローされています。キラ達が撃破したはずの「レセップス」はなんとまだ残っていました。もちろん、使えないぼろぼろの状態でですが。そのレセップスをロウたちが買ってしまいます。
この頃は地上に降りてきたばかりで船を必要としてました。そこで、目をつけたのがレセップスです。壊れていたのに買ったのは・・・「直せばいいじゃん」というジャンク屋らしい発想です。
そして修理しているときに船内であったのがダコスタ君です。彼は瀕死の状態のバルトフェルドとアイシャ?を救って守っていました。しかし身動きがとれず途方にくれていたところ、ロウたちとであったのです。その後ブルーコスモスが襲ってくるというハプニングがありましたが、ロウたちの機転で無事にバルトフェルドたちはジブラルタル基地に着いたのです。ちなみにアイシャは死亡で確定らしいですが、この頃は、本編と外伝、違う媒体などで生きてる、死んでると書いてあることがばらばらでした。外伝では生きてると書いてあったはずですが・・・
まあ一つ言える事は、ロウがいなかったらバルトフェルドも死んでいたということです。

上記のように、アストレイは今までのガンダム外伝と違い本編と密接にリンクしています。それなのに、知らない人が大勢いるのはもったいないです。ストーリーの補完が行われている以上、種好きならば、アストレイは見てください

長くなりそうなので、分けます
アストレイには種類がいくつかあるので全部読んでくださいね
機動戦士ガンダムSEED アストレイ1~3 (ときた版)
機動戦士ガンダムSEED アストレイR 1~4 (少年エース連載版)
機動戦士ガンダムSEED アストレイB 1~2 (角川スニーカー文庫)
機動戦士ガンダムSEED Xアストレイ1~2 (ときた版)
機動戦士ガンダムSEED DESTINYアストレイ1 (ときた版、現在ガンダムAで連載中)
機動戦士ガンダムSEED DESTINYアストレイ  (月刊スニーカーで連載中)

人気blogランキングへ
機動戦士ガンダムSEED DESTINYアストレイ(電撃ホビーで連載中)  

fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。