今期はコードギアス~反逆のルルーシュ~に気合い入れてます!! また、Fate/stay night[Realta Nua]を全力で応援しますw
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

オープニングが変わってないやw

結構期待してたんですけどねぇ。まだ絵が描き上がっていないんでしょうか。いつ頃変わるのでしょう。いや、歌は最悪の出来っぽいので、絵だけ見たいのですがw

コードギアス 反逆のルルーシュ 1
コードギアス 反逆のルルーシュ 1
谷口悟朗 福山潤 櫻井孝宏

関連商品
コードギアス 反逆のルルーシュ 2
コードギアス 反逆のルルーシュ 3
涼宮ハルヒの憂鬱 7 限定版
コードギアス 反逆のルルーシュ O.S.T.
涼宮ハルヒの憂鬱 6 限定版
by G-Tools


fc2blogrankin

↑をクリックしてくれた人に天下無敵の幸運を♪

中盤を過ぎていろいろ伏線が回収されたり、出てきたりしましたが、本日気になったのは2つです。

■キョウト

レジスタンス達に資金援助を行っているキョウト六家。彼らはコーネリアの進撃に恐れを抱きつつありました。日本解放戦線は事実上壊滅し、藤堂もブライ改を失ったとか。

サクヤは黒の騎士団にかなりの期待を抱いているようです。最新型ナイトメア、紅蓮弐式を黒の騎士団に送ったのもサクヤの後押しがあったようですし。ゼロがスザクを救出した後から気にしだしたとか。

このサクヤも桐原もルルーシュとは面識がありますね。ルルーシュが桐原に顔を見せたときの回想シーンに、サクヤとおぼしき姿がありました。感じからすると、スザクの妹っていう確率が高い気がしますが。

一方黒の騎士団も資金面で不安を抱えているのと同時に、ゼロの正体が分からないという不信感もありました。
資金に関しては、ゼロの組んだ予算を玉城のバカが勝手に使ってしまったことが原因だったようですがw

とことん使えないな、玉城・・・

カレンだけはゼロを信頼しているようですが、扇達とはまた別の感情を抱いている模様・・・やっぱり嫉妬ですよねw      

C.C.にも頼んでなんとか桐原と一対一で対話できる状況を作り出したルルーシュはそこでようやく仮面を外します。
ルルーシュは人質として送られてきたとき、スザクの家に送られたと思っていましたが、そこには桐原もいたんですねぇ。というか、枢木と桐原って親戚関係かなにかのようですね。ところで、スザクの家って神社だったんだ・・・

桐原:「行くか・・・修羅の道を・・・」

ゼロ:「それが私の運命ならば・・・」

ブリタニアを破壊するために、ついにキョウトの重鎮の強力を取り付けたゼロ。それと同時に、黒の騎士団の幹部達にも自分を対外的に認めさせることにも成功しました。
相手が以前の知り合い、桐原泰三だったことがルルにとっては救いでしたね。ルルの事情を知っているから、話しも通しやすいでしょうし。

しかし、修羅の道を行くことを決めたルルーシュは早くも決断を迫られることになります

ちなみに、サクヤとスザク、ルルーシュの邂逅ってないのかな? 是非ともやってみてほしいんですが・・・

■シャーリー

1話から登場しているにもかかわらず、空気に等しかった哀れなシャーリーですが、今回は打って変わって大活躍でしたw
まあかなりやばそうな雰囲気ですが・・・

父親から送ってもらったコンサートチケットでルルーシュとデートの約束を取り付けたシャーリー。今まで居心地の良さから友達から前に進めませんでしたが、ちょっとしたことから、デートに誘えたことで舞い上がっている彼女がマジでカワイイですねw
最も、シャーリーの感情がルルにはまったく伝わっていないところが可哀想ですがw

が、コンサートの当日、彼女がいたのはナリタ。ゼロの作戦で土砂崩れが起きましたが、その作戦で彼女の父親が亡くなってしまった!

コンサート会場で雨に打たれながらルルを待っているシャーリーにゾクッて来ましたよ。

心の支えを求めてルルに抱きつくシャーリーですが、抱きついた本人がゼロだって知ったとき、どうなるんでしょうね・・・

これからシャーリーも物語に深く関わってきそうです。

■他

紅蓮弐式の輻射波動は、やはりロイドの元同僚のラクシャータ。かなりくせの多そうな女性ですね。これから出てくるのでしょうか。

新キャラらしきバイザーをした青年登場。来週から関わってきそうです。

ナナリーは最近ルルーシュが遠くなってしまったようで、寂しさを覚えていますね。まったく、これからはそういったことが増えるでしょうに・・・ナナリーに手が及んだらどうなる事やら。

ゲットーの戸籍整理や地下鉄の路線調査、地下道などの調査などをクロヴィスは一切やっていなかったそうです。ギルフォードが怒ってますw
しかし、テロリストの温床となるのは事実。今まで日本でテロリストがかなり活動していたのはこの辺に理由がありそうですな。

それとイレブンの自治組織、NACという組織があるそうです。これがレジスタンス達を支援している組織の表の顔なのでしょうね。コーネリアは今後これをつぶそうとするでしょう。一体何話先の話かなw

オレンジくんは軍では死亡扱い。生きてるよ~w
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
例のアレは無視?
ほとんどのサイトは例のアレについて存分に語っています。そのことを語らないクライストさんは硬派♪

>キョウト
サクヤではありません、神楽耶です。ルルの回想で出てきたゲンブにしがみついてる子供でしょうから、高確率でスザクの妹でしょう。これで婚約者とかってことにはなって欲しくないです。桐原の爺さまはルルに追い込まれながらも、特に慌てふためく様子もなく結構冷静でした。長生きはするもんですなぁ。修羅の道を歩むルルにとって、キョウトは心強い味方です♪玉城のみっともなさには引きました。

>シャーリー
ここに来てルルと急接近…とは素直に喜べないです。引き換えにしたものが大きすぎですよ…。しかしシャーリーパパがどうしてナリタにいたのか不思議です。立て籠もり事件の時にはテレビで呼びかけていたから軍人ではないと思います。かといってC.C.のような人間の研究班とは思いたくはないですね。ルルの動揺はどうかと思います。戦争をしてるんだから巻き込まれる人間というのは否が応でも出てきます。ひょっとして死ぬのはブリタニア軍人やゼロを撃とうとするものだけとか考えていた?修羅の道を歩むのなら犠牲を抱えながらも立ち止まらずに突き進んでいって欲しいです。

>伏線
バイザーの男、名前は15話のタイトルに載っています。見た目、かなり癖は強そうです。ヴィレッタはシャーリーと共に父親の身元照会に立ち会った際にルルの写真を発見。記憶に残ってる少年と一致したことでどう動くのか楽しみ♪ラクシャータがイレブンに紅蓮弐式を提供した理由、自分の機体がランスロットより上ということを証明したいだけかも?だってロイドの同僚であの不遜な態度、ありえそう…。オレンジ君は改造されて戻ってくると信じてます!!

>スザク
普通に動けていて良かったような物足りないような…。ゼロの行いに憤りを感じて、ロイドの「正義の味方」発言に憤慨してます。でも8話で自身を軍人と称し、個人の感情より軍の意志を尊重すると言ってます。怒る資格は無いですね!ロイドの物言いは実に正しいと思います♪そういったことで憤慨し非難するのなら、軍云々ではなく自分の意志で歩けるようになるべきです。しかしロイドはスザクを試してるのかもしれませんね。今回の非難にしろ11話の軍に身を置く理由を聞いた後の反応にしろ…。本当の意味での騎士を作り上げる事が目的?

猫のアーサーの声、セシルさん24歳と同じだと最近気付きました(笑
2007/01/06(土) 11:36 | URL | ウエスト #a8N0vP3U[ 編集]
>ウエストさん
コメントどうもですw

>例のアレは無視?
それはニーナのことですか?
だとしたらイエスです。後々スザクに対して嫉妬の炎を燃やすとしたら爆笑ものですが・・・メガネの引きこもりは嫌いですw

>神楽耶です
失礼しましたw スザクの妹でしょうねぇ。これからルル&スザクとどういうか関わりを見せることになるのか楽しみです。もしくは彼女がスザクのトラウマを明かしてくれるかも知れませんね。

>ここに来てルルと急接近…とは素直に喜べないです
ちょっと強引すぎますね。シャーリーパパが前に出てきたのは河口湖。ナリタ連山ってその近くなんでしょうかねぇ。ブリタニア人っていってもいろんなところで働いているのでしょうから、いても不思議ではないかも知れませんが・・

>ルルの動揺はどうかと思います
ルルはシャーリーのことを友達と思っていました。そして自分の身内に関わることには計画を前倒しにしてでも動いてきました。
きっとルルは自分の身の回りには犠牲を出したくなかったのでしょう。それが予期せぬ形で出てしまったことに驚いたんだと思います。
でも、これでルルは本当に修羅の道を歩いていくのかどうかの選択を迫られました。その迷いが、次回予告だったんだと思います。

>ヴィレッタはシャーリーと共に父親の身元照会に立ち会った際にルルの写真を発見

意外に思い出したかも知れませんね。ルルとの接触は一瞬、しかもギアスをかけられたため記憶の混乱が起こった彼女があの写真だけで真相に迫ったらちょっと問題ありですが。

>ラクシャータがイレブンに紅蓮弐式を提供した理由、自分の機体がランスロットより上ということを証明したいだけかも

充分にあり得ますね。というか、技術者の理由なんてそれ位しか思いつきませんw

>スザク
特に思うことはないですねぇ。人のやっていることは責めてますが、スザクの立場上ゼロと似たようなことをやる可能性はあるはずです。その時に軍の命令を聞いていたら結果的に自分を正当化する理由を見つけるだけ何じゃないかと、今の彼を見ていたら思えてきます。

やっぱ歪んでますね。父親に対してかなりの負目があるのは事実のようですし・・・マジで父親殺ししていないだろうなぁ。
2007/01/06(土) 23:01 | URL | クライスト #-[ 編集]
インパクトが・・・
「例のアレ」に無駄に持っていかれたwwww
まじメガネさんさようなら(笑

重要な回だったのにみんな印象がアレに持っていかれてる^^;;;

しっかし、前回で山場も終わって一話くらい休憩が入るかと思いきゃ、伏線張るわ、物語もかなり動くわ、見ているこっちも休む暇がないですw

ルルはまだ覚悟が足りなかったんでしょうね・・・。
「こういったこと」もわかってはいたけど、無意識に大丈夫だと思っていたんでしょう^^;
まぁ、コレは乗り越えなきゃなイベントなんでしゃあないですなw

ってか、ついにシャーリーきましたねwww
活躍を待ち続けてやっとですw
まぁ・・・マイナスな感じでの始まりでしたが^^;w

シャーリーはフ○イのようにはならないと信じております!!w
2007/01/07(日) 02:03 | URL | 双翼 #rDpRVoLM[ 編集]
>双翼さん
コメントありがとうございますw

>「例のアレ」に無駄に持っていかれたwwww
まじメガネさんさようなら(笑

なんだったんですかねぇ。単なるシャレでしょうかw

>ルルはまだ覚悟が足りなかったんでしょうね・・・。
「こういったこと」もわかってはいたけど、無意識に大丈夫だと思っていたんでしょう^^;

確かにそういったところはあったでしょう。思わぬ所から好きかってやってきたとばっちりが来ましたが、どう乗り越えていくかが今後の課題なんでしょうねぇ。

しかしシャーリーは一体どうなる事やら。ルルと一緒に何処までも落ちていくのか、それともルルをとめる役目を担うのか・・・黒の騎士団いりとかしちゃったらカレンとの関係はどうなるのかとか、いろいろと興味は尽きません。まあ黒の騎士団いりはないでしょうけどね。

>シャーリーはフ○イのようにはならないと信じております!!w

至る所で上がっている懸念の声w
大丈夫ですよ、きっと・・・種の二番煎じはやらないはず・・・
2007/01/09(火) 00:19 | URL | クライスト #-[ 編集]
修羅の道をいくことは。
こんばんわ。

玉城さん、新入りが出来たら、ついつい大人ぶりたいお茶目さんv
でも、よ~く考えよう、お金は大事だよ~を地で行く人ですね。

C.C、ルルと少し触れあったせいか、今までとは違う感情が芽生えたのかな。

眼鏡っ子さん、思いこんだら試練の道を~を進んじゃうんでしょうか。
ある意味、同性にすら恋してしまう、リアル等身大のお年頃さんですけど。

オレンジ君、きっとハイパー・オレンジ君とかにパワーアップして、戻ってくる方に千点v

ロイドはマがつくサイエンティストですが、セシルさんと共に、スザクをいろんな意味で育てていく側なのかなと思ったり。

スザク、神社の子で、妹さん?ぽいのがいるのは分かりましたが。
お父さんと本当に何があったんでしょうかね。

桐原のお爺さん、ルルーシュとナナリーの知り合いで、実は裏でいろいろやっていて。
あの頃のルルって、毛を逆立てたネコ、みたいでしたね。

ナナリー、目が見えない分、少しずつ兄が変わっていくのを感じている気が。

『行きすぎた正義は、ただの一方的な暴力にしか過ぎない』

これは私の好きな言葉ですが。
ルルは修羅の道をいくことは、掲げる正義そのものが時に意味を失い、難しいという、試練そのものだとこれから知るのだろうかなと思ったり。

でも、ルルは黒の騎士団を見捨てたり、ゼロを捨てたりはしないでしょうね。
その分、どうすればもっと良くなるのか、それを模索しながら進む、リーダーとして歩くような気がします。

ただ、シャーリー達もそうだけど、日本にいる多くのブリタニア人は、半分以上は手を下してはいないけど。
でも、そこに暮らしていた人々から土地を、生命や、何かを奪った上に暮らしているんですよね。

シャーリーが復讐に燃えて前に進むか、あるいはどこかでそのことに気がつくか。
憎まれるには、それだけの理由があるということを、彼女が知っていく話があったらいいなと思ったり。

ではでは。
2007/01/09(火) 00:23 | URL | 夜明けの歌 #-[ 編集]
>夜明けの歌さん
コメントどうもです~

>玉城さん、新入りが出来たら、ついつい大人ぶりたいお茶目さんv
でも、よ~く考えよう、お金は大事だよ~を地で行く人ですね。

よくいますね、こういう人。見事にダメキャラを地で行ってますw
故に信用ゼロですね。結果も出さない口だけ男ですからw

>オレンジ君、きっとハイパー・オレンジ君とかにパワーアップして、戻ってくる方に千点

戻ってくる頃にはせめて正気に戻っていてほしいw 始めの頃の余裕のある態度が懐かしいw

>スザク、神社の子で、妹さん?ぽいのがいるのは分かりましたが。
お父さんと本当に何があったんでしょうかね

早く明らかにしてほしいところですね。少なくとも本編でやってほしい・・・

>ルルは黒の騎士団を見捨てたり、ゼロを捨てたりはしないでしょうね

修羅の道を行くと言うことはある意味犠牲を気にしない覚悟が必要となります。今回はそれを確認して乗り越えるための試練となるでしょう。

シャーリーがどう動くかによって面白くなってきます。復讐に燃えるのも良し、ルルを理解してついて行くも良し、俄然注目度が上がった彼女ですが、落ちていかないことを祈る次第であります。
2007/01/10(水) 00:28 | URL | クライスト #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/02/15(金) 18:29 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。